PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
祝・リニューアルオープン!近鉄アート館
13年ぶりに復活した近鉄アート館!

あべのハルカス全館オープンとともに実現。
なんとめでたいことか!

オープニングを飾ったのは
片岡愛之助特別公演。
ただ愛之助さんはアート館と所縁があったかな〜、
半沢効果でしょうかね〜(苦笑)
操り三番叟、墨絵師の東學さんとのコラボ。

そして『あべの花形文楽』。
二人三番叟、壺坂観音霊験記。

それから『升毅とおかしな大阪人たち』と題して
アート館があったころホームだった
升毅さんが座長の劇団MOTHER。
座付作家の東野ひろあきさん、G2。
そしてリリパのわかぎえふさん、コング桑田さん、
piperの川下大洋さんなど縁のある方たちによるトーク。

『一郎ちゃんがいく。』
再演5度目だそうで、初演から25年も経っている。
私は前回からしか観てなかったけれど、それでも
その頃から10年は経っている。

近鉄アート館がオープンしてすでに4回も行ったよ。
関西小劇場だけでなく白石加代子の百物語や
野田MAP番外編なども演っていたので
また色々な舞台で盛り上がることを願う!



 
演劇 / - / - /
ありがとうございます。
 ブログをご覧いただきありがとうございます。


ブログを引越して3年が経ちました。

新しいブログはコチラ → 『心にはいつも喜びを』。


ですが、未だこの旧宅を放置状態。

かといって、色んな思い出が詰まった宝なので、

捨て去ることは出来ません。

なんとかせねば、と思いながら、

思うだけで一向に進みません。



自分でも時々検索して以前の記事を読んで、

思い出したり、確認したりしています。


ここには、2005年〜2010年までに観た舞台の感想を

独断と偏見で自分なりに書いてきました。

あなたがご覧になったもの、なかったものが、

ひょっとしたらあるかもしれません。

思い出したい時に、またお暇な時に、

ちょこっと覗いてくださると嬉しいです。


新宅も滞りがちゆえ、どうなるのかわかりませんが、

新宅共々よろしくお願いいたします。





ハヌル


日記もどき(ハヌル) / - / - /
染・愛・獅が大阪で! 二月花形歌舞伎@大阪松竹座

なにげに更新ー。
楽しみな歌舞伎です♪

二月花形歌舞伎@大阪松竹座 → 歌舞伎美人
平成24年2月2日(木)〜26日(日)

1等席  12,000円 / 2等席  7,000円 / 3等席  4,500円

二月花形歌舞伎

<昼の部> 11時

『慶安の狼』(けいあんのおおかみ)
丸橋忠弥:獅童 / 野中小弥太:愛之助 / 由比正雪:染五郎
田中格之進:亀鶴 / 石山平八:松也 / 内藤主膳:薪車
本吉新八:宗之助 / 廓念:錦吾 / 忠弥妻節:高麗蔵
忠弥母藤:竹三郎 / 金井半兵衛:友右衛門 / 牧野監物:歌六

「鳰の浮巣(におのうきす)」より
『大當り伏見の富くじ』(おおあたりふしみのとみくじ)
紙屑屋幸次郎:染五郎 / 信濃屋傳七:愛之助 / 黒住平馬:獅童
芳吉:亀鶴 / 喜助:松也 / 幸次郎妹お絹:壱太郎
新造雛江:米吉 / 千鳥:宗之助 / 男衆虎吉:薪車
仲居頭おとり:吉弥 / 熊鷹お爪:竹三郎 / 鳰照太夫:翫雀 / 雪舟斎:歌六


<夜の部> 16時半

『義経千本桜』(よしつねせんぼんざくら)
「すし屋」
いがみの権太:愛之助 / 弥助実は三位中将維盛:染五郎 / 梶原平三景時:獅童
娘お里:壱太郎 / 若葉の内侍:米吉 / 弥左衛門女房お米:吉弥 / 鮓屋弥左衛門:歌六

『研辰の討たれ』 (とぎたつのうたれ)
守山辰次:染五郎 / 平井九市郎:愛之助 / 平井才次郎:獅童
八見伝介:亀鶴 / 小平権十郎:松也 / 宮田新左衛門:宗之助
中間市助:薪車 / 湯崎幸一郎:錦吾 / 粟津の奥方:高麗蔵
平井市郎右衛門:友右衛門 / 吾妻屋亭主清兵衛/僧良観:翫雀





独断的オススメ(舞台) / - / - /
ついにやつらがやって来る!〜『髑髏城の七人』。

いよいよ!

熱い夏がやって来る!

劇団☆新感線2011年夏興行。

<strong>『髑髏城の七人』
INOUE-KABUKI
SEVEN SOULS IN THE SKULL CASTLE</strong>

髑髏城の七人

大阪:8月7日(日)〜 8月24日(水)梅田芸術劇場メインホール
東京:9月5日(月)〜10月10日(月)青山劇場





演劇 / - / - /
愛之助さん情報

 久々、放置打破。

愛之助さん情報: 公式サイトより 

<テレビ・映画>
ハガネの女 → 詳細
毎週木曜日21時 テレビ朝日

小川の辺 → 詳細
7月2日公開


<舞台>
大手町座 第6回
歌舞伎舞踊のたのしみ 〜女方の魅力〜@日経ホール → 詳細
5月27日(金) 午後3時/7時
中村福助・片岡愛之助 「新曲浦島」、「羽衣」、「鷺娘」

六月大歌舞伎@新橋演舞場 → 詳細
6月2日(木)〜26日(日)
昼の部:畠山重保@頼朝の死
夜の部:助蔵@吹雪峠

七月大歌舞伎@大阪松竹座 → 詳細
7月3日(日)〜27日(水)
昼の部:浅山鉄山@播州皿屋敷
     市村家橘@江戸唄情節
夜の部:舎人梅王丸@菅原伝授手習鑑-車引
     奴林平@伊勢音頭恋寝刃

好色一代男@名古屋御園座
8月

松竹大歌舞伎〜巡業西コース → 詳細
8月31日(水)〜9月25日(日)
曽我五郎時致@雨の五郎
主馬小金吾@義経千本桜-茶店

永楽館大歌舞伎 → 詳細
11月4日(金)〜9日(水)





ご贔屓役者(愛之助) / - / - /
二月の大阪は仁左衛門祭り!
 
っと、いきなり引越し前のブログに書いてみる。
2ヶ月放置。
どうなるのかわからないけど、
過去記事を移行させてないので
消えるとやっぱり困る

しかもチェックするとまだこちらをご覧になってくださる方が
いらっしゃることに驚きました。
ずっと書いてないのに600件近くもアクセスされている日があって、
改めて色んな方々に支えられているんだなと気づかされました。
この場を借りて・・・

本当に有難うございます。


そんなわけで、またこちらにも顔を出すかもしれません。

では、さっそく舞台の紹介。

2011年2月の松竹座は、昼夜仇討ちの通し狂言。

通し狂言が好きな私としては嬉しい限り。
しかも、昼夜共に仁左衛門さん。
で、その仇役に愛之助さんだもの!

松竹座

二月大歌舞伎@大阪松竹座
2月1日(火)〜25日(金)
昼の部:午前11時開演
『彦山権現誓助剱』(ひこさんごんげんちがいのすけだち)
夜の部:午後5時開演
『盟三五大切』(かみかけてさんごたいせつ)
一等席:13,650円、二等席:7,350円、三等席:4,200円

六助

源五兵衛


歌舞伎(&伝統芸能) / - / - /
11月です。
 
もう11月ですね。
秋を通り越して一気に寒くなりました。

こちらの記事はずっとそのままで
どうすんだろう、私。

ちょびすけもずっとこちらに門番のように
置いているしー。

大阪平成中村座の11月興行も今日からです。
早いものです。
もう10月興行が終わってしまったなんて。

まだまだだと思っていた愛之助さん座頭の
『永楽館大歌舞伎』もいよいよ始まります。
3日がお練りですね

今年もあと2ヶ月かあ・・・。

新しいブログはこちらです。
よろしくお願いします → 『心にはいつも喜びを




日記もどき(ハヌル) / - / - /
/ 1/143PAGES / >>