PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
祝・リニューアルオープン!近鉄アート館
13年ぶりに復活した近鉄アート館!

あべのハルカス全館オープンとともに実現。
なんとめでたいことか!

オープニングを飾ったのは
片岡愛之助特別公演。
ただ愛之助さんはアート館と所縁があったかな〜、
半沢効果でしょうかね〜(苦笑)
操り三番叟、墨絵師の東學さんとのコラボ。

そして『あべの花形文楽』。
二人三番叟、壺坂観音霊験記。

それから『升毅とおかしな大阪人たち』と題して
アート館があったころホームだった
升毅さんが座長の劇団MOTHER。
座付作家の東野ひろあきさん、G2。
そしてリリパのわかぎえふさん、コング桑田さん、
piperの川下大洋さんなど縁のある方たちによるトーク。

『一郎ちゃんがいく。』
再演5度目だそうで、初演から25年も経っている。
私は前回からしか観てなかったけれど、それでも
その頃から10年は経っている。

近鉄アート館がオープンしてすでに4回も行ったよ。
関西小劇場だけでなく白石加代子の百物語や
野田MAP番外編なども演っていたので
また色々な舞台で盛り上がることを願う!



 
演劇 / - / - /
ついにやつらがやって来る!〜『髑髏城の七人』。

いよいよ!

熱い夏がやって来る!

劇団☆新感線2011年夏興行。

<strong>『髑髏城の七人』
INOUE-KABUKI
SEVEN SOULS IN THE SKULL CASTLE</strong>

髑髏城の七人

大阪:8月7日(日)〜 8月24日(水)梅田芸術劇場メインホール
東京:9月5日(月)〜10月10日(月)青山劇場





演劇 / - / - /
『LOVE LETTERS』 〜 Christmas special
20周年記念のクリスマススペシャルということで
再び、公演が決まったようです!(DMより)

『LOVE LETTERS』 
20th Anniversary Christmas special 
 コチラ

第一弾12月10日〜14日。
LOVE LETTERS
作: A.R.ガーニー
演出: 青井陽治
出演:
12月10日(金) 19:00
  中川晃教&神田沙也加
12月11日(土) 14:00
  野村萬斎&若村麻由美
12月12日(日) 14:00
  田中圭&蓮佛美沙子
12月13日(月) 19:00
  市川段治郎&木村多江
12月14日(火) 19:00
  ユースケ・サンタマリア&永作博美 


第一弾ということは、第二弾と続くと? 
キャストが楽しみですね。

大阪でもやって欲しいなあ・・・。






演劇 / - / trackbacks(0) /
『花の武将 前田慶次』 千穐楽。
22日未明から23日の朝にかけての雷雨も止み、
無事に千穐楽を迎えた『花の武将 前田慶次』。

舞台と共に暑さ(熱さ)も、一気に冷め、その日は寒いほど。
一夜明けてからは、満足感と虚脱感が交錯。

楽しい時はあっという間に過ぎていく。
余韻と共に、しばし、己の心を縛らねば・・・



続きを読む >>
演劇 / - / trackbacks(0) /
やっぱり愛 『花の武将 前田慶次』。
なんだか滞ってばかりなので、
『前田慶次』が続いてしまいますが、
一応、5日ぶりでして。

18日昼観劇。
100919_004255.jpg



続きを読む >>
演劇 / - / trackbacks(0) /
『花の武将 前田慶次』 傾奇御免!
『花の武将 前田慶次』
脚本:横内謙介
演出:河毛俊作/岡村俊一

約1週間ぶりに友人を誘って観劇。
なんというか、舞台から感じる雰囲気が
5日に観たときと明らかに違ってる。
100905_223825.jpg



(ぼちぼちネタばれありね。) 
続きを読む >>
演劇 / - / trackbacks(0) /
季節外れの温かいお話『スリー・ベルズ』。

『スリー・ベルズ』。 
作・演出:後藤ひろひと

ロビーに季節外れのクリスマスツリーがキラキラと!
わあ〜・・・

スリーベルズ .jpg

なんて暑苦しいんだっ!(苦笑)

しかも福引きやらグッズ販売で人でごった返している。
その中に現れし二人の何?ホームレス?大きいハーポくんと
ちっちゃいハーポちゃんのハーポスコンビ。
声は一切発しない。ジェスチャーとラッパで会話(笑)


続きを読む >>
演劇 / - / trackbacks(0) /
/ 1/30PAGES / >>