PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
哀愁漂うこんぴーくん。
・・・っというわけで、
楽しかったこんぴら歌舞伎もあっという間に終わり、
今回はこんぴらさんにお参りが出来なかったのが心残り。

どっぷりと余韻に浸る間もなく時が駆け抜けていき・・・
4月も終わってしまったという時の流れの早いこと。


こんぴーくんも今頃は抜け殻かしら・・・(苦笑)

お疲れさまでした。





こんぴら日記2010 / - / trackbacks(0) /
『通し狂言 敵討天下茶屋聚』@こんぴら芝居大歌舞伎
一気に感想を・・・
頭の中でぐるぐる回ってまとまらないわ〜ん。
更に一日遡って、夜の部の通し。

金丸座

『通し狂言 敵討天下茶屋聚』 (かたきうちてんがちゃやむら)
安達元右衛門/片岡造酒守:市川亀治郎
東間三郎右衛門:片岡愛之助 / 早瀬伊織:中村亀鶴
早瀬源次郎:尾上右近 / 葉末:中村壱太郎
染の井:上村吉弥 / 安達弥助:中村翫雀


やっぱり観てた、3年前の「浪花花形歌舞伎」で。
確かに観たとは思っていたけれど、
演出でここまで違うものになるとは。



 
続きを読む >>
こんぴら日記2010 / - / trackbacks(0) /
『棒しばり』&『浮世風呂』@こんぴら歌舞伎大芝居

もう5月ですがな〜。
GWですがな〜。



『棒しばり』 (ぼうしばり)
次郎冠者:中村翫雀 / 曽根松兵衛:中村亀鶴 / 太郎冠者:片岡愛之助


『澤瀉十種の内 浮世風呂』 (うきよぶろ)
三助政吉:市川亀治郎 / なめくじ:中村壱太郎



「義賢最期」の続きでございます。
ちょっぴり遠い思い出になってしまったかー。
思い出せー、私


続きを読む >>
こんぴら日記2010 / - / trackbacks(0) /
『義賢最期』@こんぴら歌舞伎大芝居

この日は肌寒いものの、太陽が射しているので、
風がなければ少しは暖かかった。

愛之助のぼり

順不同だけれど、やっぱり、これでしょう。

『義賢最期』。

『源平布引滝 義賢最期』 (よしかたさいご)
木曽先生義賢:片岡愛之助 / 小万:市川亀治郎 / 進野次郎:中村亀鶴
待宵姫:中村壱太郎 / 葵御前:上村吉弥 / 多田蔵人行綱:中村翫雀




続きを読む >>
こんぴら日記2010 / - / trackbacks(0) /
あの時の感動が・・・!
第二十六回こんぴら歌舞伎大芝居。

やはりなんと言っても私の今回のメインは、

『義賢最期』。

義賢のつもり.jpg

4年前のお正月に松竹座で観た『義賢最期』。
ふーん、愛之助さんかあ。 
などと半ば冷めた心で観ていたものだった。
ところが、なんとも言えぬ、低くて太くて渋い声。
えっ? 愛之助さんやんねぇ。
なんだ、なんだ? この気持ちは。
当時も書いたが、この人、こんなに良かったっけ?
というのが正直な気持ちだった。
やがてそれは一気にクライマックスへと・・・
「戸板倒し」に「仏倒れ」というアクロバティックな
演技を目の当たりにした時の衝撃たるや!
演目が終わった瞬間、私は、彼に落ちた。

あれから4年。
また見る機会が訪れようとは。
しかも場所はこんぴら歌舞伎、金丸座で。

今まで何も思わなかったことがある日突然
特別な意味を持つことがある。
やはり、私にとって思い入れのある役。
切っても切れない思い出の演目。


『源平布引滝 義賢最期』。





こんぴら日記2010 / - / trackbacks(0) /
いざ、こんぴら歌舞伎!
3年ぶりにやって来た!


うぅ〜、さぶい〜。
桜も散ってしまってるというのに
なんという寒さ!

今日は楽しかったけど疲れた〜、
しからば御免。

「こんぴーくん」!
今年からお目見えのマスコットキャラだそう。





こんぴら日記2010 / - / trackbacks(0) /
/ 1/1PAGES /