PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< ささやかな衝動買い。 | main | 『通し狂言 敵討天下茶屋聚』@こんぴら芝居大歌舞伎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
『棒しばり』&『浮世風呂』@こんぴら歌舞伎大芝居

もう5月ですがな〜。
GWですがな〜。



『棒しばり』 (ぼうしばり)
次郎冠者:中村翫雀 / 曽根松兵衛:中村亀鶴 / 太郎冠者:片岡愛之助


『澤瀉十種の内 浮世風呂』 (うきよぶろ)
三助政吉:市川亀治郎 / なめくじ:中村壱太郎



「義賢最期」の続きでございます。
ちょっぴり遠い思い出になってしまったかー。
思い出せー、私



棒しばり
「棒しばり」、何年ぶりに生で観る?
留学時代に観て以来だよ〜。 
面白かったし、外国の観客には大ウケだったけれど
次郎冠者が三津五郎さん(当時八十助さん)で
太郎冠者が誰だったのかが、思い出せない〜。

亀鶴さん演じる松兵衛は、自分が留守の間に
こっそりお酒を飲んでしまう太郎冠者と次郎冠者を
ちょっとこらしめてやろうと、まずは太郎冠者を呼ぶ。

そそそーっと現れる太郎冠者。 きゃっ
なんとも穏やかで可愛らしい表情の太郎冠者〜。
先ほど壮絶な死を遂げた義賢を演じた愛之助さん。
良かった〜。 怪我してなくて〜・・・。
真逆な役どころで戸惑うところだけれど、元気な姿を
すぐに観られることに妙に安堵するのだった。

翫雀さん演じる次郎冠者を呼び、棒術を見せてちょうだいと、
松兵衛が踊ってみせて、おだててるうち、次郎冠者は
しぶしぶ棒術を見せることに。
亀鶴さんの踊りっていいよね〜。 そう思うんだけどなあ。
そこで二人は次郎冠者を棒で縛りあげて両手を使えなくしてしまう。
困り果てる次郎冠者を見ながら笑っている太郎冠者も
後ろ手に縛られてしまう。
はめやがったな〜、あんにゃろ〜。
んじゃ、行ってくるよ〜ん、と松兵衛は出て行く。

こうされてはより一層、お酒が飲みたくなるって話。
手が使えぬ二人は、どうやったらお酒を飲めるものかと
あれこれ試しながら考え出す。
まず次郎冠者が樽に杯を入れお酒をすくい、太郎冠者が飲む。
今度は太郎冠者が後ろ手でお酒をすくい、次郎冠者に与える。
なかなか面白くて難しい二人のやりとりが続く。
ここが見せ場。 
こういうおどけた役の翫雀さんはなんかひょうきんで好きだわあ。
愛之助さんはより一層お目々が垂れて可愛らしい〜。
翫雀さんの扇を広げて片方の手からもう片方へ飛ばして受ける技も
バッチリきまってたし、楽しかった〜。 
かなり汗びっしょりでしたが息の合った二人にもう拍手〜、感動です。
ぐでんぐでんに酔っ払った二人のところへ松兵衛が戻ってくる。
こらっ、こんなになってもお酒を飲むとは!
とばかりに叱り付けるが、酔っぱらった二人はとぼけて逃げ回り、
松兵衛は二人を追いかけるのだった

浮世風呂
ここは「喜のし湯」。
法被にも「喜のし湯」と。
亀治郎さんの本名が喜熨斗(きのし)ということで
つけたのね、と思っていたが、そうか、猿之助さんの
頃からだったのかー
風呂屋の三助。
風呂を洗ったり、お湯を沸かしたりしている。
なんとほっそい足!
こんなに細くて力強い動きが出来るものだと感心する。
けど、ホンマに細くてよけい華奢に見える〜・・・。
そこへ三助に惚れてしまったという「なめくじ」がすっぽんから現れる。
平仮名で「なめくじ」と書かれた衣装に、頭に触覚があるのが面白い。
なめくじに触覚はあったっけ? まあ、いいか(笑)
なめくじは壱太郎くん。 
三助に惚れたというくらいだから女性。
なめくじがこうなら可愛いけどね^^;
子供の成長があっという間と感じるように、
彼の踊りも成長著しく、良くなっていく気がします〜。
ねっとりまとわりつく感じがなめくじっぽくて笑える。
二人の息も合っていて楽しかった。
しかしまあ、なめくじに惚れられても、ねえ。
で、塩をかけられたなめくじはとろとろ〜んと消えていく。

♪こんぴらふねふね・・・

というのは、ここに合わせたのではなく、
元々歌詞としてあったのかしら。








於: 2010/04/14 金丸座
 
こんぴら日記2010 / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
http://pulun-haneul.jugem.jp/trackback/1036
トラックバック