PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< がんばっちょる〜、出石! | main | 夏の彩り。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
愛ちゃん通信 (8/12&17: 訂正&追記)

って、なんだよ(笑)

タイトルが思いつかんかった(^-^;

なんと、びっくり!
関西テレビの『快傑えみちゃんねる』にご出演だそうです!
オンエアは8月20日(金)夜7時予定とのことです。(日程訂正あり)
上沼さんの弾丸&辛口トークに
愛ちゃんがどう対応するのか楽しみですね♪
要チェックです!

(8/12 訂正・追記)
コメントでフォローをいただき、調べましたところ、
TV station(8/7号)に、放送日が8月27日(金)と
なっておりました。 大変失礼いたしました。
ゲスト欄に愛之助さんの他に田山涼成さんのお名前も
掲載されていましたので、9月の舞台の話題を期待
したいところです!
また変更があるようでしたらチェックしていきます。

(8/17追記)
どういうわけか、20日(金)に逆戻り?
番組サイトに予告が載っていたことが嬉しい限り。
ムンパリさん、どうもありがとうございました。
まあ、なにはともあれ、O.A.を待ちましょ。 → 怪傑えみちゃんねる


もいっちょ!
昨日5日の読売夕刊に記事が載っていたとのことで、
実家近くに読売新聞の販売店があるのを
発見したとこだったので早速購入!

もちろん、『花の武将 前田慶次』の話題。

松風に乗るシーンもあるんだそうです!
どんなふうに登場するのか楽しみですね。

「男なら誰でもあこがれる」。

やはり前田慶次にかなり惚れ込んでいるのがうかがえます。

「3階席の一番遠いお客さんにまで
せりふが届くように」

「河毛さんがまず人間模様を細かく浮き彫りにし、
それに岡村さんがメリハリを利かせた演出をされる。
芝居に厚みが出てくるんやないでしょうか。」

「芝居はマラソンと一緒。
スタミナ配分をコントロールできるのがプロの役者。」

言葉がちょっとずつ変わってきたような印象を受けますが、
益々芯の強さを感じます。
どんな豪快な傾奇者(かぶきもの)を見せてくれるのか
今からワクワクします〜。

チケットは昨日から発売されてますぞ〜。


情報を持っている方々に感謝です(ペコリ)
小説、早いとこ最後まで読まなきゃ〜(まだ進んでない 汗)



こんな記事です。




ご贔屓役者(愛之助) / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
http://pulun-haneul.jugem.jp/trackback/1080
トラックバック