PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< 『花の武将 前田慶次』期間限定twitter始動! | main | いざ、さらば 〜 劇団M.O.P.最終公演『八月のうた』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
元気のひみつは、楽観的な性格?
お友達から教えてもらって飛び起きた。
って、いつまで寝てるんや。

朝日新聞の土曜日の朝刊に入っている別刷りのbe。
健康面の赤いほうに、愛之助さんの記事が載っています

「前田慶次」ネタではなく、健康に関する
「元気のひみつ」




「愛之助」を襲名してから19年。
約20年の間に、なんと10キロ太ったそうです。
けど、中身は19歳のままだと。

以前よく使用されていた写真は、確かにシャープ。
一時、代役勤めで大変だった時は、かなりゲッソリ
されていたこともありましたね。
そう考えると今は顔もふっくらされている。
個人的には今のほうが良い感じです。
どうでしょう?

be記事20100828

お休みのない日々も7年目に突入という忙しさ。
体調管理は「よく食べよく眠りよく遊ぶ」だそうで。

確かに、納得。
その中でも特に睡眠は重要かと、つくづく思います。
体調を崩したときにかかりつけのお医者さんに、
「人間はな、2日の徹夜には耐えられる生き物なんや、
けど、それ以上は無理や。 身体がおかしぃなりよる」
と言われたのを思い出します。

食事に関しては、食べたいと思ったものとは
違うものを食べる。 ひらめいたものと逆にすると、
食事のバランスがとれる気がする。
それが「愛之助流」とのこと。

おっしゃっているように、それ、ストレスかも(苦笑)
気にしつつも、仕事疲れで思考能力ゼロだと、
やっぱり、その時食べたいものを食べる!ということに・・・。
結果、偏ってしまって・・・。
それを補うのにサプリメントでごまかすのは
やっぱりダメですかね・・・。 
「愛之助流」、実践してみますか。

愛之助という名前。
「愛」という文字がある名前に男としては抵抗があったと
いう話は何かで読み聞きしてたけれど、外国の友人が
「愛」があるから素敵な名前だと言っていました。
私もそう思います。
ご自分も今はいい名前だと感謝しているとのこと。
「ただ、年齢的にラブリンは大丈夫かな」って。
年齢と共に感じ方も変わってくるのが面白いですね。
 



ご贔屓役者(愛之助) / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
http://pulun-haneul.jugem.jp/trackback/1091
トラックバック