PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< 好きな言葉は・・・ | main | 『花の武将 前田慶次』 傾奇御免! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
季節外れの温かいお話『スリー・ベルズ』。

『スリー・ベルズ』。 
作・演出:後藤ひろひと

ロビーに季節外れのクリスマスツリーがキラキラと!
わあ〜・・・

スリーベルズ .jpg

なんて暑苦しいんだっ!(苦笑)

しかも福引きやらグッズ販売で人でごった返している。
その中に現れし二人の何?ホームレス?大きいハーポくんと
ちっちゃいハーポちゃんのハーポスコンビ。
声は一切発しない。ジェスチャーとラッパで会話(笑)




舞台でも彼ら二人が登場し、手振り身振りで開演前の注意を・・・。 
が、私たちはそれに対してどう反応すれば良いのか?
○と手でOKサインをするのかな?
すると、観客の一人を指さし舞台へ引っぱっていくハーポス。
舞台に上げられた女性は、何やら紙を渡され・・・
「今日はご来場いただきましてありがとうございます」
とアナウンスを始めさせられる。 
素晴らしい! ご立派なアナウンスでした。 
私なんか絶対ガタガタ震えるわ。
もう、とにかくロビーから舞台は始まっている!(笑)

ハーポくんから貰ったもの.jpg
(ハーポくんからもらったもの♪)
 

舞台は冬のクリスマス。
屋根に3つのベルが掛かっているが鳴っているのを
誰も聞いたことがないという寂れかけたスーパーカネミツ。
そこから物語が始まる。
そこで展開するお話は3つ、同時進行。
それぞれの物語が縦糸と横糸のように撚り合って
素敵な物語を編み出していく。 
ついにクリスマスの鐘が鳴り響くとき・・・。  

パンフを買ってないので定かでないが、登場人物に
名前ってあったっけ?

『God-Father-Christmas』
詐欺師:音尾琢真、ボス:団時朗、手下:佐戸井けん太、
ボスの息子:富永凌平、スーパー店員:石丸謙二郎
ヤクザのボスに捕まったある詐欺師が、
クリスマスまでの約束をさせられる。
それは、「ボスの息子にサンタクロースを信じさせる」というもの。
詐欺師はあの手この手で少年に信じさせようとするが、
こまっしゃくれた少年はなかなか手ごわい。

『Teardrop Vender』
アメ女:ちすん、同僚:明星真由美
得体の知れぬ不思議なオッサンに愚痴を叫ぶと
良いですよと、空の容器を売りつけられる。
試しにやってみると知らぬ間に手に飴玉が。
容器の蓋が開いたので入れることに。
繰り返す毎に飴玉は増えていき、
その容器、キャンディーボックスはいっぱいに。
それと引き換えに過去を忘れていく女。

『Welcome To The Future』
ストリートミュージシャン:岡田浩暉、男:ウーイェイよしたか)
ガールフレンドにクリスマスにスーパーカネミツのベルを
鳴らしてみせると約束した少年。
その時にその少年は弟と自転車に乗っていてトラック事故に遭い
少年は亡くなり、弟は以来15年間眠り続けている。
その男と病室が一緒になったストリートミュージシャンが、
突如15年の眠りから覚めたその男と一緒に街に出て、
21世紀の未来、つまり現在を観て回る。

サンタクロースを信じない少年は、どこか素直になれない。
母親のいない寂しさを、物を与えることで満足出来ると
勘違いしている父親と楽しく笑っていた頃を憧れている。
物を与えられても心は豊かになりはしない。
ただ、父親と一緒に笑って暮らしたい、それだけが
その少年の望みなのだ。

アメ女は、当時、トラック事故に遭って亡くなった
少年の彼女だった。
飴玉が増えるごとに嫌なことを忘れる。
そのうち大切な思い出までも忘れてしまうようになる。
その少年のことも何もかも。
その悲しかったことだけど忘れてはいけないことを
思い出すべく ひとつ、またひとつと飴玉をなめる。
嫌なことが苦痛として蘇るが、女は止めない。
彼との約束、彼自身を思い出すために・・・。

15年ぶりに目覚めた男は、見るもの、聞くもの全てが
珍しくて仕方がない。 15年が経っているとはいえ、
気持ちは少年のまま。
けれど、兄がなくなったこと、両親もいなかったことを
思い出したのか、覚えていたのか、スーパーカネミツの
ベルを見て、「これは鳴るんやで!」という。
しかし、ベルの音を聞くこともなく
やがてまた眠ってしまう。
もう一生目覚めることのない眠りに・・・。


舞台を観ながら愚痴りたい時、嫌なこと、アメに変えてくれる
キャンディーボックスがあったら面白いだろうなあ、と
思いながら、大切な過去までも忘れてしまうのなら、、
やっぱりどんなに嫌なこと、苦しいことがあっても
その現実を受け止めるしかないよねえ、と思ったり。

吉本芸人のウーイェイよしたかくんがどんな演技を
見せてくれるのか、と思っていたけれど、最高に良いの。
あのまんまの感じで、それが逆に純粋で涙を誘う。
ラストでは岡田さんが歌を披露。 

皆、多かれ少なかれ、幸せになりたい。 そう思う。
そんなことを感じながら、笑いあり涙ありの心温まる舞台だった。
やっぱり、大王は最高だー!! 大好きだー!!


ハーポくん .jpg
(ポージングをしてくれるハーポくん♪)



於: 2010/09/12 森之宮ピロティホール
 

演劇 / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
http://pulun-haneul.jugem.jp/trackback/1095
トラックバック