PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< 『花の武将 前田慶次』 傾奇御免! | main | 『花の武将 前田慶次』 千穐楽。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
やっぱり愛 『花の武将 前田慶次』。
なんだか滞ってばかりなので、
『前田慶次』が続いてしまいますが、
一応、5日ぶりでして。

18日昼観劇。
100919_004255.jpg





この日も慶次殿は凛々しく傾いておられた!
松風も茶目っ気があって可愛さ倍増。

アドリブもまた少し変わってたり。
角田さんのお茶目度もアップ!
とてもキュートでした。
胸筋ピクピクも大サービスで(笑)

もうね、千壽郎くんとりき弥くんに拍手です!
ついにパンツ(ズボン)を脱ぎ捨て、タイツ姿に!ひーっ!
「じゃ、そろそろこれね」と渡されたのでしょうか。
お二人の心境はいかに?!
でも、意外と違和感がないところが凄い。

やっぱり愛兜に甲冑で現れ、徳川との戦に挑む
銀ちゃんの力強い声、滑舌の良い台詞、
ホントにホントに凛々しくて格好良いんです!
また舞台に続けて出て欲しい。
出来れば関西にも来てくれる舞台希望で。

小次郎@野田っちと主馬@安藤さんの関係が
最初に観た時から何やら怪しげ〜。
その野田っちは迫力あるし、金蔵との関係、
そして最期にもホロリ。

今回はミーハー丸出し(苦笑)でかぶりついてしまいましたが、
4、5列花道辺りが良いですね〜。
それにしても愛之助さんの指の絆創膏が痛々しい。

舞台写真は5枚のうち4枚購入。
慶次殿だけというのも正直ちょっと寂しいけどね。
それと、ちょっと気になった開演時間。
休憩を挟んで3時間半ほどならば
歌舞伎時間でなくても、昼の部13時、夜の部18時開演とか
そんな日があっても良かったんじゃないかな。ってね。

そんなことを考えつつ、あっという間に一週間をきりました。
なんだか寂しさが一気に襲ってきた。

舞台は生もの、一期一会。

千穐楽まで傾いて、傾いて、傾きまくってくだされ〜、
愛之助慶次殿!!





演劇 / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
http://pulun-haneul.jugem.jp/trackback/1097
トラックバック