PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< 儚いけれど、美しい。 | main | とことん愛之助:浪花屋寅之助の案内で。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
小市マンが、『愛』 でコワレテル・・・?
毎日、いろんなこと感じますよ、確かにね。

”愛とはなんだろうね? いきなりびっくりか?”

びっくりやわ! 寝られへん〜、寝られへん〜、気になって、寝られへん〜! もうっ!

初のミュージカルでの地方巡業も無事に終え、アテプリの撮影が始まったようだけど、
暫く更新されなかった 『俺の部屋』 が、いきなり 『愛』 でくるとは。
どないしはったん? ってくらい考えてはるの、『愛について』 。

”自分を愛すること。それは、自分を受容することか?”

ご自分で言ってるように、良いトコも悪いトコもみんなひっくるめたのが唯一の
自分であるなら、受け入れられると思います。

”人を愛するとはなんであろう?その存在を受容し、祝福することか?”

その存在を受け入れたいと願い、尊敬し、力となり、共に生きたいと願うこと? 
難しい・・・。

”わけがわからんくなってきたか?しかし進む”

わけがわかりましぇん・・・。 正しい言葉を使ってください。
もう寝かせてくらさい・・・。

”自由とはなんだ? 私の自由、あなたの自由”

知らん、もう。

何かあったのでしょうか? 大丈夫ですか?
『愛』 を連呼するのはやめてくらさい。 なんかわからないけれど、胸がチクチクします。
あなたはあなた、私は私、であるように、それぞれが唯一であり、価値観、感じ方、
それぞれ違うのであるとしたら、『愛』 も違うのだと思います。
違うからこそ、お互いがお互いを愛しく思え、尊重できるのではないですか?
そもそも小市マンのいう 『愛』 とは、何の 『愛』? (私も連呼してるな)

ヘンだよ。 誰かに惚れた? それとも、誰かにふられたか?

”皆さんはどう、おおもいか?”

って、ねぇ・・・。 いきなり難問ですもんね。
とにかくもう寝る。 またゆっくり考えて答え出します。 『愛』 について。


ご贔屓役者 / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
http://pulun-haneul.jugem.jp/trackback/163
トラックバック