PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< 『劇団☆新感線祭り』 開催決定! | main | ちょっと恥ずかしながら 『寝ずの番』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
あなたがホントにしたいこと?
昨日、ガンバッて観ましたよ。 『アテンション・プリーズ』。
ガンバッて観るものか? テレビドラマを。 しかし、ガンバッて観たのよ。
先週よりは、ちーとばかし、ほんのちーとばかし、マシになってきたか、洋子。
そんでも、どう考えても、あれでは、キャビンアテンダントに受からんでしょ?
いくらなんでも、あり得ないっしょ。 受かったら、ああいう態度はないっしょ。

先週は見逃した小市マンを、今日は見逃すまいぞ! と。
あはっ、出た。 と、画面より先に声でわかる。 小日向さんとの絡み。
飛行機の整備士の姿、なかなか良いではないですか。
帽子とっちくれぃ。 顔が見えん〜。
若造と、はち合わせて、「おっ」 と言って去ってく。
ええっ、まさか、そんで終わりじゃないでしょう。
ああ、良かった、食堂でご飯を食べているー。 帽子とってるしー。
なんか白髪混じりのどこぞの総理のようなその髪は、どうなのか。
少々老けて見えるが、意図的? 何故に? スティーバの名残り?
血気盛んな若造に、「やめとけ」 となだめる渡辺誠、小市マン、大人の魅力ぅ〜。

先週は30分過ぎてから見たら、いーっこも出てけーへんかってつらかったし、
脳天気な洋子にヘトヘトだったわいな。 大丈夫か、あの子。 たのんますよー。
小市マンは、今回も始まって30分の間でのチラチラ登場でしたけどね。
ヨカッタ、観られてさ〜。 来週もガンバルで〜。
ガンバらんと観られへんドラマってどないやのん? キビシイなあ、もう。

小市マンと言えば、『俺の部屋』 から、突然、『思い立ったが吉日』 に変わって、
しかもブログに大変身してますねん。 ホンマに、思い立ったが〜な、方ですねえ。
良かった〜、写真も出たど〜ん。 良いね、100万ドルの笑顔〜。 背景もステキ!
最初、写真が出なくて私のPCがおかしいん? あぶり出し? とか思いましたよ。
で、これまでの日記は何処へ行ってしまったのかと、人を寝不足にしておきながら、
あの妙な哲学論もなかったことにしてしまうおつもりか? と思っておりましたが、
無事にその日記も残っていて嬉しゅうござりまする。

”もし、人が本来、なにもせずともよい、どこにゆかぬともよい、なにになる必要もない、
としたら、そのとき、あなたは、何するやろか?”


・・・って。 深いな、使えるか、これ。 アカン?

次から次から、ホントに不思議で楽しいお方でござる。


ご贔屓役者 / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
http://pulun-haneul.jugem.jp/trackback/166
トラックバック