PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< 染&愛: 鬼よ、笑ってもかまわぬ。 | main | 何かを作る楽しみ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
『こいち祭』 って、小市祭?

『こいち祭』 をご存知か?


正しくは、『新橋こいち祭』 というんだって。

東京の新橋で毎年行われているお祭りだそうです。
今年でなんと、11回目ですって。 日程は7月20、21日。

新橋こいち祭」は、新橋エリアの地域活性化などを目的に開催するお祭りで、
新橋の近隣住民や在勤者などの交流の機会・場として毎年実施しています。


と、サイトに紹介されています。


で、このネーミングの 「こいち」 は、ほんの小一時間の、「こいち」 だそうで、
残念ながら、小市さんの 「こいち」 では、ないのだよ。 あはっ、知ってた?

小市さん自身が、『思い立ったが吉日』 で書いておられる。

”できれば毎日、世界中でやっていただきたい。”

とな。 ふふふ。

でも、本当にナイスで、ステキなネーミングですよね。 
もう、『新橋こいち祭』 ったら〜。
ポスター見つけたら、絶対立ち止まって、ニマ〜っとしてしまうな。
部屋に貼ったら、年中、お祭気分よ〜。 
しかも、こいち祭、ですから〜。 どうする〜?

実際、小市マンによる、小市マンのための、「こいち祭」 があったら愉快だろうなあ。
これまでに出演された舞台を上映しながら、その時の思い出話的なコメントを
述べてもらう、とか、新橋こいち祭みたく、伝承遊びもどきのゲームに勝って、
小市マンうちわ、小市マンストラップをもらおう!! みたいな。 ははは。


”ポスターほしい・・・”  と、小市さん。


私も、ほしい! (笑)



ご贔屓役者 / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
http://pulun-haneul.jugem.jp/trackback/206
トラックバック