PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< こんぴら歌舞伎大芝居 〜昼の部@こんぴら日記 | main | ねえ、文楽へ行こうよ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
金丸座@こんぴら日記

金丸座

金丸座 (旧金毘羅大芝居)
(劇場内の様子は↑ここをクリック)

この小屋、不思議と温かい。 雰囲気がね。
木のせいだろうか。 落ち着くんだね。 
歩くと、ギシギシと音立てたりね。
いいよね、そういうの。

愛之助さんが公式サイトで、久々にメッセージを更新していた。
昨真夜中、覗いた時には更新されてなかったのに、いつの間に!

「芝居が行われてこそ生きるのが劇場だ」

まさに。 そう思う。 
人がその空間に息吹きを与えることで劇場が息をする。
なんか最近、感覚が面白い。
大きく頷けることや時々ハッとすることを言うんだな。
そんな感覚がなんだか嬉しい。 

初めてなのに懐かしい匂いのするような、金丸座。
正座しているのもたいがいやし、体育座りもお尻痛いけどね。
足、つったしね。 寒いしね。 
狭いしね。 荷物多いと邪魔だけどね。 
またいつか、絶対来たい。 そう思わせる小屋だった。

今年のこんぴら歌舞伎も大盛況の内に(だろ?)終わったけど、
私の中では、まだまだ終わりそうにない。 
見んかい、せんかい、聞かんかい!的雰囲気に陥る仕事も、
おかげで暫くは耐えられそうだ。

のぼり


こんぴら日記2007 / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
http://pulun-haneul.jugem.jp/trackback/404
トラックバック