PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< 雪の星動物園の園長さん。 | main | きょうハヌルの(BlogPet) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
いざ、金刀比羅本宮@こんぴら日記

いつの話?

これで完結にするハズだったが、タイミングを外してしまっていた。

こんぴらにご出演の役者さんたちも上がったそうだから、
私らも上がったことを書いておきたい。
負けず嫌いか。

2日目、こんぴら大歌舞伎の昼の部を観終えて、いざ、行かん!
なんか食べてから行く?お腹空かへん?うどんでも?
うどんはもうええ〜、ということで、そのまま向かう。

こんぴら鳥居





いきなり寄り道。 
隈取Tシャツか、つってお店に・・・。 
なんや、フロントデザインか〜、バックやったらなあ〜。
おまけに値切ったりしつつ、買わんと出るやなんて、なんやのん、私ら。 
失礼だねー。 冷やかしか。 

気を取り直して、階段を上がる。 
絶好の天気だけど、暑すぎ〜。 へたる〜。
こんなとこを上る足元でないのがツライ。
裸足で上りたいけどそうもいくまい。

途中、何処?旭社?のあたりに来たところで、降りてきたおじさん一行に
励まされる。 いや、からかわれたのか。
「がんばりや〜、わろて(笑て)られるのも今のうちやで〜」
なんやとー。

ひーーっ、上が見えへんやん! 階段しか見えへんやん!
目指せ、幸福の黄色いお守り!
おりゃー、一気に行くどーー!

着いた、着いた、ついに御本宮!!

何故か、私の頭の中でロッキーのテーマ曲が聞こえたね。
両手を挙げてるロッキーです、私。 そんな気分やった。
エイドリア〜ン!って。 叫んでないけど。

汗噴く〜。
そやけど、吹く風が、と〜っても気持ち良かった。 
絶景だね、こりゃ。
山登りをする人の気持ちがわかったね。
大袈裟です。

金刀比羅宮からの景色

帰りの時間があるので、奥社までは無理だった。
時間的にね、そう、時間的によ。 
時間があったらモチロン行ってるよ。 
い、行ってるも〜ん〜・・・。

こんぴら狗の開運みくじ。
明治以前に、「金毘羅狗」という特殊な習俗があったそうで、
こんぴらさんに参拝を望みながらもそれが叶わない方々が飼犬を
自らの代わりとして代参させたもの。 犬はこんぴら詣りの道中、
多くの人々のお世話になりながら、主人の代参を立派に務めたという。

 ”吹く風に 高峰(たかね)の雲もはれ行きて 
  涼しく照らす 十五夜(ももよ)の月”

大吉でした。


幸福の黄色いお守り

   本宮でしか買えないお守り。
   こういうのに弱い。
   「幸福の黄色いお守り」。
   なにかのパクリみたいやけど、
   そう書いてある。



ご利益がありますように、合掌・・・。


こんぴら日記、完。
こんぴら



(以前の分は、こんぴら日記2007@カテゴリーに)
(2007/04/20)
こんぴら日記2007 / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
http://pulun-haneul.jugem.jp/trackback/415
トラックバック