PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< 第五回 浪花花形歌舞伎@松竹座 | main | 大切なもの。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
今度は歴史ファンタジー。

『太王四神記』(だいおうしじんき) → 詳細

(原題は「テワンサジンギ」(テと読む子音ヨが今とは逆になっている?))
NHK総合 毎週土曜23:10放送

チュシンの星が輝く時、チュシンの王が生まれる。
チュシンの王が生まれるとき、4つの守護神が現れる。
東を治める雲師(ウンザ)(青龍)、西を治める風伯(プンベク)(白虎)、
北を治める雨師(ウサ)(玄武)、そして南を治める朱雀。

2千年前、地上は火の力を持つ巫女カジン率いる虎族が武力で支配していた。
そんな世界を見かねた神の子ファヌンは、3つの守護神とともに地上に舞い降り、
平和の国「チュシン国」を建国する。 しかし、ファヌンに世界を奪われたと
思った虎族は、ファヌンの民を攻撃し始める。 ファヌンはカジンの火の力を
奪い紅玉に封じ込め、朱雀の心臓と呼ぶ。 
これがやがて不幸を生むことに・・・。

これは凄いです。 
戦闘シーンは目を覆いたくなるけれど迫力あり、CGありです。
映画でなく、ドラマだというのにスケールが大き過ぎです。
日本でも東西南北をつかさどる四神、これらがポイントに
なっていたりするのでファンタジックで面白そうです。
そうは言っても韓国ドラマです。お決まりの?三角関係は外せません〜。
BShiでは既に始まっていましたが、地上波でようやくオンエアーです。
字幕でなくて吹き替えってのが気になりますけどね。
チャングム以来、久しぶりにはまりそうな韓国ドラマかも。





韓流 / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
http://pulun-haneul.jugem.jp/trackback/631
トラックバック