PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< 愛と勇気と美しさ 〜 『レッドクリフ』。 | main | 嬉しかるかる♪(BlogPet) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
嬉しかるかる♪

って、誰かみたく懐かしく言ってみた。

なんかやっぱし気になるわねえ。
B'z。
愛之助さんが好きだって聞いてから
昔に買ったCDを思い出したように引っ張り出して
時々聴いてみたりなんかしたりするしねえ。

たまたまテレビ朝日系のドラマ「小児救命」を観始めたら
エンディングでかかるのよ、B'zの曲が。
これがまた良い曲でさ、詞が良いんだわ。
『いつかまたここで』。
なんつってさ、ちょっといいじゃない。
曲聴きたさにドラマを観てるってのもヘンだけど。
つい先日、某所へ出張の折にべろんべろんになった勢いで
2次会で音痴のクセにうとーたった。 ははは。

生きてれば会えるだろう
いつかまたここで・・・つってね。






結成20周年だかファンが選んだかで2枚組が出たりしてんのさ。 
ごめんなさい、詳しくなくて。 
CDのみとDVD入りとだから実質4種類さ。
この新曲がブルーカバーのULTRA Treasureに入ってんの。
嬉ちい♪っと思ったけども、よくよく見たら、
私はレッドカバーのULTRA Preasureの曲しか殆ど知らないし、
お気に入りの曲もレッドに多いわけさ。
こ、これはなんたるちあ〜!さ。
むむむ…。
これは作戦か。 
断念するか・・・。

っと、そこで! そうだ、キラーン!(ひらめき)
今月はなんの月? 霜月よ〜ん。 
私には特別な月なのよ〜ん。
で、これ幸い?両方もらっちゃったー。 うふふ。

レッドカバーのULTRA Preasureの歌詞カード(今でもそう言う?)の
一枚の写真で目に留まったワンショット。
お二人がとある石庭を眺めている写真があるのだけれど、
あれは、京都の龍安寺ではなかろうか?
そうですか? 稲葉さん。
って、なんで稲葉さんに呼びかけてるんかわからんけど、
稲葉さんといえば、結婚相手がひと回り離れてても平気かという話に
「稲葉さんやったらいい」と言った後輩の友人。
君たちからするとひと回りも離れてるのか、彼は。
愕然とすると共にそれを聞いて彼に逆に愛着が湧いた私。

それと、最近また映画化されるんだねー、「X−ファイル」。
ちょっと驚き。 今またなんで?
けど、なんか懐かしいねえ、今一つよおわからんかったけど観てたね。
なんでかって言うと、モルダーの吹き替えが風間杜夫さんで、
相手の女性誰だっけ?その吹き替えが戸田恵子さんだったからさー。
確かその時の主題歌かなんかに使われてたんだよ、
B'zの「LOVE PHANTOM」が。
それがめっぽう気に入ったもんさー。いつの話やろ・・・。

ところが、喜んだのもつかの間、
このB'z The Best ULTRA Treasure/Preasure、
なんでも12月にはクリスマスギフト盤とか銘打って、
クリスマスちっくなカバーで出るんだとさ。
なんだよ、それ。
ま、いいや。

感謝。





日記もどき(ハヌル) / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
http://pulun-haneul.jugem.jp/trackback/769
トラックバック