PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< 片岡秀太郎さんの写真展! | main | 素敵な素敵な 『ぢいさんばあさん』。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
夢でも見たか、『冬の絵空』。

サンケイホールブリーゼの柿落とし公演、『冬の絵空』。
(作:小松純也 演出:鈴木勝秀)
ベースは「忠臣蔵」だ。
観劇してからほぼ一週間が経とうとしている。
折りしも書き始めた今日、12月14日は討ち入りの日。
ああ・・・、「盟三五大切」も観たんだったなあ・・・。

冬の絵空


(ネタバレあり)



またまた急勾配の2階席からの観劇。
ホントに迷路のような劇場。
ぐるぐる回らないと昇降出来ない階段。
何をコンセプトに創られた劇場なのか、と首を捻ってしまう。
が、出来てしまったものは仕方あるまい。


何処か人里離れた森の中。 
犬なのか人間なのかわからない犬男達が暮らしているところへ
一人の盲目の老尼(中越典子)。
そして彼女がつまびく琵琶の音と共に語られる過去の出来事。

浅野内匠頭(中村まこと)の切腹後、討ち入りに、はやる家臣たちを抑え、
まだ討ち入りの機は熟していないと言い、自らもその意志を見せない
大石内蔵助(橋本じゅん)。 討ち入りを期待しながら、大石や赤穂浪士の
評判が落ちているのを嘆く天野屋利兵衛(生瀬勝久)は、娘のおかる
(中越典子)と恋仲である歌舞伎役者、沢村宗十郎(藤木直人)に、
娘を嫁にやる条件に彼をニセの内蔵助として町の悪人どもを次々と
斬り捨てヒーローに仕立て上げる筋書きを考え出す。
利兵衛の家では、キリシタンだったが人間を捨て犬となった
謎の犬男、シロ(片桐仁)が暮らして?飼われて?いる。

ところが、なんと、浅野内匠頭が実は生きていた!
これも利兵衛の筋書きか?
その事実を知った大石内蔵助は討ち入り中止を決める。
浅野が生きているなどと信じない浪士たちは浅野が目の前に現れようと、
まるでマインドコントールされているかの如く彼らを誰にも止められない。
ニセの内蔵助と共に吉良邸へ乗り込み、吉良(粟根まこと)の首を捕り、
そして果てる・・・。 結局生き残ったのは本物の大石内蔵助ただ一人。
そして、今は森の中で犬男として身を潜めていた・・・。


舞台美術は面白く、ライトも効果的に演出されていた。
ちょっと何処かの劇団の舞台を思い出させる感ありだけど・・・。
ストーリーの発想としても面白いと思ったのだけれど、
正直、感想は非常に書きにくい。
どうもしっくりこない。 役者の力量というのだろうか、
差があり過ぎてどうもまとまり感がない・・・。
時代劇の台詞がいかに難しいかと痛感する。
笑わせる部分もあり、利兵衛の生瀬さんの悪巧みぶりというか、
浪花言葉での雰囲気は最高。 けど、ここはどこ?
山科ではなくて? 何故に江戸?
終始真面目を通したのが、内蔵助を演じる橋本じゅん。 
もの凄く格好良かった。 ホンマに惚れ惚れする。
ところが、浅野が地に足がつかないと言った軽薄な人物。
こんな人のために吉良の首を?と疑いたくなるくらいで(笑)
何処かからかお芋の煮っ転がしを持ってきて「上手いの〜」と
言いながら、むせて咳き込み台詞が言えない中村さんのハプニング。
そんな上様を観ていた内蔵助じゅんさん、呆れながら去るのは台本に
あったのだろうが、捨て台詞は多分アフレコ。
「芋でも食べて、むせておられよ」。
これには大笑いに大拍手。
吉良の粟根さんが「愛」(左下に平仮名で「きら」の文字)と大きく
書かれた衝立を挟み、一学(伊藤暁)にゴロニャンと
しな垂れかかるのがなんとも面白く気色悪かった〜。
討ち入りはせぬ、と内蔵助が吉良邸に約束状を持って上がるのだけれど、
えっ? えっ? 討ち入り前に吉良邸の様子をあれこれ調べ上げた努力は
なんだったの? そんな簡単にやってきて会えるって、どうよ。
仕舞いには内蔵助を誘おうとまでする吉良。 どないやのん。
ええい、気色悪いっ!と声を上げるじゅんさんと粟根さんの
新感線コンビの絡みが面白かったけど。 
それと、片桐仁さんのシロって、ひょっとして天草四郎?
中越さんのおかるはとても良かったのだけれど、老尼の時の
浄瑠璃風、浪曲風の台詞がどうも気になって・・・。
可愛らしい声なので、わざわざああいう言い方をさせなくても
普通に語っても良かったのでは?と思う。 
それにしても・・・沢村宗十郎。 うーー・・・。
助六衣裳で登場するも、切れ味なし。 ひゃー。
拍手も出来ひんやんか。 どないしたらええのんー。
そしてニセ内蔵助として現れる時に言う台詞がなんとも・・・。
ド派手な衣裳はパロってるからということで考えれば良いとしても、
「おおいしくら〜〜のすけ、です!」って、さあ。
何度も連呼する場面があって、もうどうしていいかわからず。
初舞台とは言え、発声練習くらいは頑張っていただきたい・・・。

何もかもが絵空事だったのか、老尼は宗十郎に迎えられ、
他の犬男と共にあの世へ旅立って行く。
そなたも来ぬか、と誘われる内蔵助だが、一人残るじゅんさんの
後ろ姿に哀愁が漂っていてキュンとなったラストだった。






於:2008/12/08 サンケイホールブリーゼ
演劇 / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック