PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< 二月花形歌舞伎 昼夜@松竹座 (その3) | main | 楳茂都流家元披露舞踊公演@松竹座 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
千穐楽! 少年はヒーローになる?!


『二月花形歌舞伎』@大阪松竹座。
気がつけば長かったようで、あっという間。
最後の最後、2月25日千穐楽、昼夜観劇。

二月花形歌舞伎@松竹座

とにかく『蜘蛛絲梓弦』は、盛り上がる、盛り上がる!
って、いきなり最後の演目から〜。
エンターティメント性がふんだんの舞台に亀治郎さんも力が入リ、
入り過ぎたせいか?、蜘蛛の糸がキレイに上手く客席まで
飛んでこなかった場面もあった(惜しいっ!)けれど、
無茶苦茶楽しそう! こっちまで楽しくなる〜!!
揚幕がチャリンと開いても、後ろを振り向きますまい。
舞台の階段から出てくるんだも〜ん。 イヒヒ。 
わかっていても面白いぞっ!

 

そしていきなりカーテンコールへ行ってみよ〜。
楽しさ満載のまま、カーテンコールへ突入!
カーテンコールはスタオベだった。
演劇のようにひとつの演目、主に一人の役だけと違って、
6演目全てにそれぞれ違った大役を演じられた25日間に、
お囃子さん、大道具さん、小道具さん何もかも全てに、
お疲れさま〜!と、ありがとう〜!の感謝の気持ちを込めて
拍手を送った。

7人勢揃いでの登場と共に、スーツ姿の薪車さん、壱太郎くん、
吉弥さん、そして竹三郎さんも登場されたので、うお〜〜っ!
っと、益々盛り上がり〜!! 
そして、なんと、吉弥さんが蜘蛛の糸を投げたっ!! 
きゃーー、うお〜〜っ!! っとまたまた盛り上がる〜!

一度緞帳が下りたものの、拍手鳴り止まず。
で、再度上がり、またも大拍手に大声援!!
そして愛之助さんと亀治郎さんが一番端にいた七之助くんに
手で合図をしたので、メンバー紹介?と思ったけど、
小劇場やないんやから、しやへんわね。(苦笑)
して欲しかったけどー。
で、そのまま七之助くんが花道に!
最後は全員で花道を帰られるとはっ!!
わあ〜っ、ええなあ、花道寄りの人たち〜。
もうしっちゃかめっちゃかよ〜♪♪♪
っと、獅童さんがいきなり幼稚園くらいの少年を抱き上げる!!
途中、ちょっとおねむだったものの、最後まで大人しく観ていた
その少年は、驚きを隠せない様子で泣いちゃうかと思っちゃった。
亀鶴さんは花道外で引っ張られたのかどうなのか、落ちそうに
なっていて、竹三郎さんに助けられてた。
そして、一番最後に並んでいた亀治郎さんに、またしても
抱き上げられる少年!! 今度はさすがに嬉しそう♪
いいな〜、いいな〜。 ご両親も大興奮だろうなあ〜。
少年もその夜、興奮して寝られなかったんじゃないかしらん。うふふ。
み〜んな素敵だったけれど、カテコで一際目を引いたのが竹三郎さん!
すっごくお洒落でダンディーなのさ〜。 笑顔がとっても素敵だし〜。
もう目がハートになりそうでした。


そうして、楽しかった舞台に幕が下ろされた。
終わっちゃったね〜。 余韻に浸る間もなく時は流れていくのね〜。
ちょっぴり寂しい気もするけど、いつかまた大阪で熱いパワーを!!
地元の人間にも、もっともっと根付くといいですね〜。

それぞれの感想はまた・・・!







 

歌舞伎(&伝統芸能) / - / trackbacks(1) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
http://pulun-haneul.jugem.jp/trackback/837
トラックバック
蜘蛛の糸にからめ取られた
2月25日 大阪松竹座二月花形歌舞伎千穐楽 おめでとうございました。 大盛り上がりの千穐楽夜の部でした。 昨夜帰宅してからレポアップしようと思っていたのに、急に睡魔が襲ってきて入浴もせずに眠ってしまいました。坂田金時さんや碓井貞光さん同様、蜘蛛の精の魔
| 地獄ごくらくdiary | 2009/02/28 12:02 AM |