PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< レッドクリフPART 供メーカー | main | やっぱり行ったよ、文楽デー。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
盟三五大切@花組ヌーベル
ちょっと〜、竹ちゃんマンも文楽もあるんやで〜。
さっくり行くで〜。

芸術創造館って? どこ?
ってなわけで、千林大宮まで行ったのが13日。

花組ヌーベル第2回公演 『盟三五大切』。 
盟三五大切@花組ヌーベル





本公演ではない、コストセーブの?公演。
「素」芝居。
舞台設定は何故かお葬式。
その日のゲスト(日替わり)は、リリパの野田晋市さん。
死人の役。 プラス、前説担当。 いる?(苦笑)
かなりヒマそうな野田っちでした。

何がどうなるの?と思ってると、唐突に船頭が現れる。
いや、実際には現れない。
「はい、スタート!」ってな感じで、喪服のまま、
「盟三五大切」が始まるのだった。
 
小林大介さんが小万(お六)役という女方というのも珍しく、
しかも、先ほども言ったが、「素」のままなので、
ヒゲの生えた小万なのである。
加納さんは、と言えば、なるほど、やはり三五郎(千太郎)。
今回は立役である。
源五兵衛(不破数右衛門)は、北沢洋さん。
むむむ・・・、ちょっとこのまま衣裳もセットもなく
舞台は進行していくってわけ?
これは・・・、どうしたものか・・・と正直戸惑ううちに
不思議とその世界に入り込んでしまっていた。

喪服だろうが、ヒゲがあろうが、「盟三五大切」なのだ。

そして、順序立てて、わかりやすく舞台は展開していく。
源五兵衛の復讐、斬殺シーンは血飛沫の代わりに、
亀治郎さんの蜘蛛の糸もどき。
真っ赤な紙を血に見立て、刺されるとパーッと投げる。
これが血飛沫に見えるから凄い。
視覚効果としてはかなりインパクトあり。
何故、ここだけ小道具を?と一瞬疑問がよぎったが、
見た目強烈ゆえに、そんなことはどうでもよくなる。
小道具は、さ○○のごはんやら、電子レンジやら炊飯ジャーやら
現代のものがあるにはあるんだけどもね。
小万の首を切って持ち帰った源五兵衛。
食事のシーンはいかに?
持ち帰った首は明らかにダミーとわかるのでちょっとホッとする。
昨秋、歌舞伎座で観た仁左衛門さん演じる源五兵衛が持ち帰った
小万の口に御飯を持っていったら、小万がカッと口を開けたんだもの。
3階から双眼鏡で覗いていたので、思わず声を発してしまったわな。
飛び上がって双眼鏡を落としそうになってしまうほど驚かされたわな〜。
文楽版では、『国言詢音頭』で、初右衛門が次々と人を斬り、
最愛の菊野の首を捕って、唇をなめまわすんだもの〜。
人形とは思えぬくらい生々しく衝撃的だったのよ。
今回は、髪を撫でてただけだったので、驚きはなかったが、
御飯を食べてるわけさ、首を横に置いて、よ。
冷静沈着でいられるのがどれもこれも同じく、恐ろしい・・・。
もうね、そうなると不思議と喪服が目に入らなかったね。 
「素」だろうが、なんだろうが、そりゃ、衣裳はつけてないので
どんな格好だか想像は出来てないけど、確かに源五兵衛が
そこにいたように見えた。
三五郎がいたように見えた。 
小万も、徳右衛門(山下禎啓)も皆、そこにいたように見えた。
ゲネプロみたいと言えばそんな感じも否めないが、凄い演技力に
引き込まれたのは確かだった。
ただ、疑問は、設定をお葬式にしたのは、何故? 
お弔いの意味を込めて? だったのだろうか。
 





於: 2009年6月13日 芸術創造館
演劇 / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
http://pulun-haneul.jugem.jp/trackback/903
トラックバック