PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< 盟三五大切@花組ヌーベル | main | 坂東竹三郎の世界@松竹座 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
やっぱり行ったよ、文楽デー。
とは、言うものの、この日、14日は松竹座で
『坂東竹三郎の世界』もある。

後で知ったる、『文楽デー』。 
「文楽観賞教室」のとある一日です。
文楽デー



 
既に2度行ってるし、パスするか、と思いつつ、
友人の「行こか」の一声で、ハシゴ決定。
けど、松竹座終演は3時半と判明。
げげ、文楽デーは3時から。 どう考えても間に合わん。
しゃーない。 遅刻します。 と、友人に・・・。

着いたら、「二人三番叟」も、「文楽へようこそ」も終わってた。
はは・・・ははは・・・。 
解説はいつものように、清丈くんと相子ちゃんだったそうで、
相変わらずネタは昨年と同じようなことを言ってたらしい。
それでも、ちょっと聞きたかった、残念! 

と、いうわけで、「傾城恋飛脚 新口村の段」から。
はじまっていきなり、ぐったり。 んごぉ〜・・・。
私は何をしに来たんやっちゅーねん。
けど、新口村は動きがないぶんキツおまっせ。
いや、ホンマ。 
雪がしんしんと降って良い感じだけどね。
孫右衛門の二人を見送る姿が切ないけどね。

やっぱし、文楽デーの目玉は、体験コーナーでしょう♪
やっほー、やっほー。
今回は、人形中心で体験してみた。
なんてったって、忠兵衛よ〜。
絶対、忠兵衛を触る?遣うのじゃ〜、と意気込んだものの、
あら? おれへん。 忠兵衛が、おれへんやないの!!
ええ〜、がっくり・・・。 なんで〜・・・。
けど、あらら? 今回は勘十郎さんも玉女さんもいらっしゃる!
後は、文哉さんや紋臣さんらも指導してくださった。

梅川
 じゃあ、ってことはないけど、
 梅川を。 うふふ。
 かいらしい〜♪

 言わずもがな私が主遣いだす。

 左に玉女さんがいはります。

 ひゃはは。




 これは誰だっけ?^^;
 何の人形かわかりません。


 しつこいけど、主遣いが私。

 左遣いが勘十郎さんです。

 だはは。
    

これは勘十郎さんが実際に動きをつけてくれはりました。



三番叟

 今度は三番叟に挑戦。

 彼は眉と口が動くんだす。

 左は眉を下げてみた。

 右は眉をそのままで、
 口を開いてみた。 

三番叟 左は操作しない状態。
 えらそーくんです。

 右は眉を下げ、口も
 開けた状態。

 いずれの人形も背中から
 腕を入れ、頭(かしら)の下に
 ついている棒を持ちます。
 棒の中ほどにある突起物を
 中指と 薬指の間にくるように
 持ち、中指を動かすと頭が
 頷きます。
  
 で、中にはこの人形のように、 眉や、目、口が
 動くものがあり、この人形には棒の先、首に近い
 部分に、3箇所それらを動かす突起物がついています。


三番叟
  彼はもう一人の三番叟です。

  顔は動きません。
  どちらも腕を広げると鳥の羽を広げたような
  素敵で綺麗な衣裳です。

  顔の表情が動く人形は面白いけれど、
  かなり腕が疲れてきます。
  重い人形もあるけれど、そう感じるのは
  持ち方に問題があるようです。

  いずれにしても大変なお仕事と、
  痛感しつつ、また今年も楽しい
  体験に大感激でした。

  そして、文楽若手会へと続く・・・。




於: 2009年6月14日 国立文楽劇場
歌舞伎(&伝統芸能) / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
http://pulun-haneul.jugem.jp/trackback/905
トラックバック