PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< 坂東竹三郎の世界@松竹座 | main | 「ごじゅ〜りょお〜」!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
『文楽若手会』@国立文楽劇場
今月は、愛ちゃん月間?をお休みしてましたが、
気がつけば、博多ももう終わりなんや〜。 
もう6月も終わりかあ。
桜扇さまからコメントをいただきましたが、
愛ちゃんの喉の調子が気になりますなあ。 
どないしたんかな、大丈夫かぃ?



こちとら個人的に色々あったり忙しかったりでそれどころやなかったけど、
その合間に、ちょろちょろと近場を行ったり来たり。
ちょっと文楽続きな今日この頃でした。

『第九回 若手文楽会』
「団子売」
「一谷嫩軍記 熊谷桜の段・熊谷陣屋の段」
「傾城恋飛脚 新口村」 






人形での「団子売」を初めて観た。
お臼はおかめの面を持ってたし、つけてたと思うけど、
杵造は、ひょっとこのお面はなしだった。
「一谷嫩軍記 」は、途中で意識がなくなり気づいたら
首を見せていた。 うおっ。
で、また「新口村」かぃ。
この間、寝てしもたからなー、と思って心配してたが、
なんと驚くことに意識が遠のくことが一切なかったのだ。
後の相子ちゃんが私にはとっても良かったのだ。
相子大夫の語りをきちんと聴くのは初めてのような気がして
ちょっと楽しみだったが、声は良く通るし、感情も入ってたし、
それぞれの人形から息吹きが感じられた。
言い過ぎだと言われるかもしれないけれど、ふとした瞬間が
特に女性を語る時、住大夫さんっぽく感じられて驚いたりもした。
けど、正直、どこがどうとかわからないけれど、なんだろ、
人形がやけにバタバタとやかましいかと思えば、もうちょっと
動きに変化をつけてくれんかなー、と思ったりもしたし、
梅川の顔が手拭いで半分隠れとるでー、とか思ったり、
大夫さんの語りや三味線さんも深みとかがやっぱりどこか
違うのかなー、と思ったりもしないでもないけれど、でも
私としては楽しかった。 
文楽もどこまでが若手というのかわからないけれど、
場数を踏んでなんぼだろうし、そりゃ、上の方々とは
比べられないけれど、だからと言って、いつまでも上の方々が
良いってばかり言ってても、彼らも育っていかないわけだし、
文楽を残していくためには頑張ってもらわにゃー。
以前に聴いた素浄瑠璃も良かったしね。
これからも、がむしゃらではないけど、気軽な気分で
ひょこっと行って聴き続けたいからね〜。
それにしても、九回目なんだね、若手会って。

新口村
梅川&忠兵衛
(文楽観賞教室のパンフから)

 

於: 2009年6月21日 国立文楽劇場

歌舞伎(&伝統芸能) / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
http://pulun-haneul.jugem.jp/trackback/906
トラックバック