PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< 自分が進むべき道は・・・。 | main | どないなってんのん?! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
理由なんて、愛ひとつで十分だ。
って、キャッチコピーがいい。

今度の舞台はタイのチェンマイ。
5人の6日間のお話。

『プール』。 → 公式サイト
プール
9月12日から公開中 → 梅田ガーデンシネマなんばパークス、他

監督・脚本: 大森美香
原作:桜沢エリカ (幻冬舎刊 夏発売予定)
出演: 小林聡美、加瀬亮、伽奈、もたいまさこ


と、紹介した記事、観たので加筆。
(ネタバレあり)




芸術の秋?って意識したわけでもなんでもなく、
これ、観たかったんだ、と思って行った。

今回、監督は違うけど、小林聡美さん、もたいまさこさんコンビの、
またゆる〜くて、ぬる〜くて、優しい映画。

プールつきゲストハウスのオーナー、菊子さん(もたいまさこ)、
そのゲストハウスで働く京子(小林聡美)。
生き別れた母を捜しながら京子に面倒を見てもらっている
現地の少年、ビー(シッテイチャイ・コンピラ)。
時々手伝いに来てくれる人の良さそうな市尾くん(加瀬亮)。
そこへ、大学の卒業旅行にとゲストハウスへやってきたさよ(伽奈)。
さよは、京子の娘。 
実は、母と娘を放って、4年前からチェンマイ郊外で暮している京子。

言葉少ない映画。 
けど、言葉はいらない映画。
ただ、チェンマイの温かい空と風景に吸い込まれる。

とーっても、ゆったり時間が流れてく。
木々の揺れる音や、小鳥のさえずりが、優しく聞こえる。
青々とした草木の広い庭にポツンと光り輝くプール。
ここで、京子はギターをつまびき、歌い始める。
『君の好きな花』。
そういう設定だから、と、小林聡美さんが作詞・作曲をし、
歌まで歌ってくれます。 
最後まで流れるその歌は、優しくて子守歌のようでした。
主題歌にもなっている、『タイヨウ』をプールサイドで皆が
歌うシーンも印象的。
(公式サイトで少し試聴できます)

これまで同様、また料理もポイント。
とりわけ、ビーのおやつにと、京子が作る、
サクサクッと音を立てて食べる、「揚げバナナ」が、
ホントに美味しそうで、思わずお腹が鳴った程(笑)。

ビーが、さよに、生まれは何曜日?と訊くシーンがある。
タイでは、星座などではなく、曜日占いが主流らしい。

タイ式曜日占い
↑  ↑
星座占いのように月毎の占いが出ます。


最後に、さよはどうして私たちを置いて出て行っちゃったの?と訊く。
そうしたかったから、と京子。

なんとも自由奔放な京子。
そんなの、あり得ない、無責任でしょ、と、観ながら、さよと同意見。
けど、さよは取り乱すこともなく、静かに正直な気持ちを伝える。
そのやわ〜っとした雰囲気が、そう思わせるのか、なんなのか、
ありかも、というか、許せてしまう不思議な雰囲気。


何かを求めなくてもいいじゃない。
幸せなら。
理由を求めなくてもいいじゃない。
幸せだと思えるなら。


『理由なんて、愛ひとつで十分だ。』

ホントにそう思えた映画。
フラ〜ッと、どこかへ旅にでかけたくなりました。


本編には、紹介されない、さよが京子に宛てた手紙。
チラシの裏にありました。
エンドロールにでも流して欲しかったな・・・。

お母さんへ
ずっと聞きたかったこと、ちゃんと聞く事が出来て、行ってよかったと思っています。
人はあんな風に暮らして行くことが出来るんだって、私にも何だかやっとわかりました。
思えば、おばあちゃんもそうだよなーとも思いました。
市尾さんは、私のもっと子供の頃の想像以上のイキモノにいたような、
何だか優しいイキモノ、そんな人だと思いました。大好きになりました。
ビーは私のこれから先、ずっとずっと仲のいい年下の友達でいれるような、
そんな気がします。
菊子さんは不思議なんだけど、あの人といるだけで、お母さんがあの時、
タイに行くと決めた事が、私にも分るような気がしました。
人にはきっとその時にしか出来ない事や、その時に行くしかない場所ってあるのでしょうね。
お母さんは、他人にはとても分りにくい人なのかもしれません。
だって説明しなさすぎだから。
あなたの子供の私にもやっと分りかけてきたくらいだから。
私、そんなお母さんに似てるのかもと思ってしまいました。
似てるのなら似ててもいいや、ちょっと生きにくいってことですよね。
でもいい、これからいろんなことがあっても、自分で好きだと思った事を、
好きだと思った人と、好きだと思う場所で、やっていこうと思います。
お母さん、ありがとう。 私、お母さんの子供で生まれてきて良かったと思っています。
さよ
(チラシより)



残念ながら「揚げバナナ」ではないけど、
帰りに食べた紫いものモンブラン、
とても美味しかった。
紫いものモンブラン
(梅田ガーデンシネマでの半券で3割引でした♪)


映画 (&テレビ) / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
http://pulun-haneul.jugem.jp/trackback/908
トラックバック