PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< 鬼が大笑いする?『こんぴら歌舞伎』 | main | 今年の締めは『顔見世夜の部@南座』。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
惚れてしまうぜよ。
 
内野さんに、か。

いや、坂本龍馬という人物に、だ。

それもこのテレビドラマのせいだ。

『JIN−仁』。 → 公式サイト

平成を生きる脳外科医、南方仁が身元不明で運ばれてきた
救患がきっかけで、幕末へとタイムスリップするSF時代劇。
南方仁演じる大沢たかおさんも以前は特になんとも
思わなかったけれど、かなり格好良いじゃないのー。
なんて、思ったのもつかの間、
彼の前に突然現われ、友となる、坂本龍馬。
龍馬を演じるのは内野聖陽さん。
ここで龍馬は仁の心の支えとなる頼もしい人物。
破天荒で温かくユーモラスなキャラがかなりよかった
内野さんの龍馬だったのだ。

その他、花魁・野風役の中谷美紀さんも雰囲気があったし、
献身的に仁を支える綾瀬はるかさんの咲とか、
女方の澤村田之助とかも劇中に登場したり、
とにかく周りのキャストが良かったし、
劇中音楽やMISIAの曲も良かったこのドラマ、
ついに終わってしまったけれど、かなり視聴率が良かったとか。
手術シーンなど、かなりリアルなところもあるものの、
なんかしらんけど、毎回泣けてしもた。
最後の最後に疑問と謎を残したまま終わったので、続きがあるのかしら・・・?
元は村上もとかさん原作のコミックだそうだが、結末は同じだったのだろうか。

で、これまでも龍馬ファンはたくさんいて、
今に始まったことではないのだけれど、
そんな中でも、またまたブームを起こし始めているらしい。

で、このタイミングで来年のNHK大河ドラマが「龍馬伝」と、くりゃ、
やはり見逃せない。
テレビでは龍馬が流行ると景気が良くなる
などとジンクスをとなえていた。

けど、本当にそうなれば良いのに。


「日本を今一度せんたくいたし申し候」 とか言ってね。








映画 (&テレビ) / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック