PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< 惚れてしまうぜよ。 | main | クリスマスはシャンゼリゼ? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
今年の締めは『顔見世夜の部@南座』。
12月20日、友人らと四条で食事、買い物を済ませ、
顔見世興行@夜の部を南座で観る。

南座2009

3階からね。

双眼鏡でガッツリと。

私の目当ては「助六」と「石橋」。





2009まねき
 
仁左衛門さんの助六は、男伊達、もう目が離せません。
時折キュートに見える遊び心を持った男も垣間見えたり・・・。
花道でのこれでもかというくらい贅沢な見得、ポーズに釘付け
大向こうさんも力が入る〜。
長台詞では、「待ってました!」の掛け声にテンション上がる〜。
それが終わると、とっとといなくなられた大向こうさんでした(苦笑)

玉三郎さんの揚巻、その容姿の美しさはもちろんのこと、
豪華絢爛な衣裳にも目が離せません。
鯉が上ってるよ〜。 七夕の短冊は盛り上がってるよ〜。
それにしても重そう〜。 重いだろうなあ。
菊之助さんの白玉もお綺麗どした。

誰だか言葉を発しないとわからない道化役、朝顔仙平、愛之助さん!
後ろ向きに座ったときの「うなじ」がなぜか少年のようで
可愛かったのねん 


「石橋」での仔獅子(赤)の愛之助さんは凛々しかった。
今年はホントに獅子づくし、毛振りづくしな愛ちゃんでした。
巡業の「連獅子」、演舞場の「弥生花浅草祭」、
そして今回の「石橋」(しゃっきょう)。

「時平の七笑」では、久しぶりに竹三郎さんの立役を
観ることが出来て新鮮だった。 が、最後は丸裸にされちゃって。
「まろは、まろ裸」と言って去っていった。

「土蜘」は能舞台からきているせいかテンポがゆったりとしているので
どうも上手く乗れず、ちょっとウトウトしてしまった。
菊五郎さんが土蜘の精になって現れても、うおーっと感じる
インパクトがそんなになくって終わっちゃった。
気持ちはその後に控えてる初見の「助六曲輪初花桜」に
知らずに向いていたのかしら。
ところで、時蔵さん演じる頼光の太刀持の男の子は誰?
番付には中村梅丸とあったが、なんともキレイなお顔立ち
思わずマジマジ観てしまった。


夜は台詞劇よりも動作や舞踊で見せる演目が多く、
能をベースにした演目もあるので、さほど派手さはなく、
ちょっとウトウトしてしまいがちだったが、 やっぱりこれを観なきゃ
一年が終わりませんという感じになってしまったようで。
あ、「顔見世」は、一年の始まりを意味するんだったね。

ここ半年は仕事が忙しくPCの前に座る時間もなかなか持てず、
個人的にそういう気にもなれない年だったし、
舞台観劇数もぐんと減ったし、ちょっと寂しいな。

来年もかなりセーブしていくことになるだろうけれど、
そんな中でどんな舞台に出会えるかなあ。

って、まだまだ感想を書いてないのがあるんだー



歌舞伎(&伝統芸能) / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック