PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

<< 2010年の漢字 | main | 今年の初観劇〜伽羅先代萩@文楽 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
仁左衞門さんの涙。
9日午後9時にNHK総合で放送された番組。
元NHKのディレクターだったという小沢爽さんは奥様をがんで
亡くされた半年後にご自分もがんで亡くなられたそうです。
その闘病生活を描いたドキュメンタリー「二本の木」。
タイトルは、共に逝くことを願った二人の老夫婦がゼウスによって
木に変えられたというギリシャ神話にちなんでつけられたそうです。

爽さんと奥様の千緒さんは克明に闘病日記をつけられていて、
それを爽さんが手記にまとめられました。
実際のお二人を息子さんらご家族が撮影された
映像を交えながら、その何冊ものノートに書かれた日記を
片岡仁左衛門さんと竹下景子さんが朗読されます。
がんと向き合い、前向きに生きようとされた奥様。
その奥様を支え、戸惑い、苦しみ、時には励まされた
爽さんの心情などが克明に綴られています。
元々とても仲の良いご夫婦だったのでしょう。
互いに病と向き合い、闘いながら、お二人の絆は
より一層強いものとなっていったように感じられました。
病という不幸にみまわれているのにこんなことを思うのも
不謹慎かもしれないけれど、お互いに励まし、支え合える
存在がいるというのは、幸せなことだと思いました。
お二人に代わって朗読される、仁左衛門さんも竹下さんも
時折、声を震わせ、詰まらせながら読まれます。
ああ、私ももうダメ・・・。
こういう類の番組、病気を題材にした番組は苦手なのだけれど、
仁左衛門さんが朗読されている姿を番宣でチラッと見たので、
よくわからず、なんだろうと思って観てしまいました。

特に奥様は前向きな方だったような印象があり、
ご家族の愛に支えられてとても幸せそうに感じました。
それでも病魔は容赦なく彼女の身体を蝕んでいく。
こんな理不尽なことがあっていいのだろうか・・・。
この世に神はいるのだろうか・・・。
延命治療と緩和治療、この選択ほどつらいことはない。
苦痛に耐えながら死というものをどう感じておられたのか、
どれだけ心細かったろうかと思うと、涙が止まらない。
爽さんにとってそんな奥様の存在は計り知れないくらい大きくて、
ご自分も病に倒れ、つらい日々を過ごされたことだろう。
人生一度きり。良く生きたいと誰もが願う。
悔いなく生きたいと願いながら、それでもきっと悔いは残る。
けど、今は天国でお二人が仲良く過ごされていると信じたい。

番組の最後の最後、沈黙の中、仁左衛門さんの目からこぼれ、
頬をつたった一筋の涙が忘れられない。







映画 (&テレビ) / - / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック