PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
ご挨拶。

5年程ブログを続けてきましたが、

思い立って引っ越ししようと

思い始めました。

しかし、

これまでの記事を移行させるのは

至難の業。


これまで書いてきたエントリーはもちろん、

たくさんいただいたコメントはとても大切なもの。

さて、それらをどうしたものか・・・

考えながら約1ヶ月が経ちました。


しかし、考えていては、どうにもならず、

とりあえず、気持ちも新たにタイトルも変え、

平行して開始することにしました。


心境は特にありません。

最近は、演劇以外にアロマに興味を持ち、

それに触れることで気持ちが

変わってきたと言ったところでしょうか。

いや、なんとな〜く・・・

と、相変わらず、のんびりした感覚、

やはり、そんな感じです。

続けていけるのかどうかもわかりませんが、

これからもおつきあいいただけたら

嬉しいです。


新設ブログは、

心にはいつも喜びを

です。

どうぞよろしくお願いいたします。



日記もどき(ハヌル) / - / - /
秋のれん。
インド雑貨で買ったぞうさん暖簾、
そう言えば、夏ものっぽいし。

そろそろ秋模様にしましょう。
って、ことで、
昨秋、京都のSOU-SOUで購入した
伊勢木綿のてぬぐい。
てぬぐい

これを2枚縫い合わせて、
暖簾の出来上がり〜

手拭い暖簾





日記もどき(ハヌル) / - / trackbacks(0) /
いよいよ、大阪平成中村座!

良いお天気だったし、出かけるついでに寄ってみた。
今日は汗ばむ陽気。

観光客以外にも賑わい、盛り上がりそうな2ヶ月ですね!

明日、10月3日ついに開幕。

幟.jpg

谷四(地下鉄谷町線、谷町四丁目駅)から、
大阪歴史博物館と大阪府警の間を歩くと
大阪城公園の入り口から、もう幟が。

101002_150126.jpg

お堀に入ると、それぞれの幟。
お稽古でしょうか。音が聞こえてきてました。

平成中村座 .jpg

天守閣側から望んだ芝居小屋。
舞台のバックが開いてます。

大阪城2.jpg

このような姿が見えるのでしょうか〜。

私はまだまだ先ですけどね。
楽しみです



大阪歴史博物館でちょっとブレイク。
(残念ながら愛之助さんの声を聞く時間はなかった。)
101002_160721.jpg



歌舞伎(&伝統芸能) / - / trackbacks(0) /
『LOVE LETTERS』 〜 Christmas special
20周年記念のクリスマススペシャルということで
再び、公演が決まったようです!(DMより)

『LOVE LETTERS』 
20th Anniversary Christmas special 
 コチラ

第一弾12月10日〜14日。
LOVE LETTERS
作: A.R.ガーニー
演出: 青井陽治
出演:
12月10日(金) 19:00
  中川晃教&神田沙也加
12月11日(土) 14:00
  野村萬斎&若村麻由美
12月12日(日) 14:00
  田中圭&蓮佛美沙子
12月13日(月) 19:00
  市川段治郎&木村多江
12月14日(火) 19:00
  ユースケ・サンタマリア&永作博美 


第一弾ということは、第二弾と続くと? 
キャストが楽しみですね。

大阪でもやって欲しいなあ・・・。






演劇 / - / trackbacks(0) /
斬新な物語と魅力的な絵 『風の絵師』。

久しぶりに観た韓流ドラマ。
『風の絵師』 (全20話) → 番組紹介

18世紀に実在した二人の天才絵師、キム・ホンド(金弘道)と
シン・ユンボク(申潤福)。 彼らの名画を上手く使いながら、
書かれた歴史推理ドラマ。
シン・ユンボクに関してあまり詳細が残されていないことから、
ドラマではシン・ユンボクは男装した女性という面白い設定。


友人が貸してくれたのだけれど、
折りしも前田慶次と時を同じくしたので、
正直、手がつけられず・・・。

しかし、心ここにあらずながらも、
観てみるか・・・字幕だし、ってことで、
観始めたら・・・

どうよ!

やめられない、とまらない状態に!

週末なんて、気がつきゃ、4時よ〜。
午前4時よ〜。

 

続きを読む >>
韓流 / - / trackbacks(0) /
己の心は・・・
やっぱり・・・

縛れませぬ。


ううう・・・

だって、
角田信朗さんのブログを読んじゃったら、
縛ってた心が解けてしまう〜 → 傾奇者日記

愛之助さんとのツーショット。
山上道及と前田慶次とのツーショット。
こんな嬉しいツーショット!


観る側は思い入れが強ければ強いほど、
その余韻はいつまでも続くもの。

けれど、演じる側も思い入れが強ければ
その思いは同じ。

前田慶次に並々ならぬ思い入れをお持ちな角田さんは、
パンフレットの横内謙介さんの言葉に触れている。

そして、愛之助さんに触れている。
舞台のことに触れている。

男性の心も掴む愛之助さん。
そうだ、良いものは良い!

無理に心を縛らないことにします。
自然に任せ、時に任せよう。

角田さん、どうもありがとうございます

片岡愛之助ファンの1人として
心から感謝したく思います





ご贔屓役者(愛之助) / - / trackbacks(0) /
『花の武将 前田慶次』 千穐楽。
22日未明から23日の朝にかけての雷雨も止み、
無事に千穐楽を迎えた『花の武将 前田慶次』。

舞台と共に暑さ(熱さ)も、一気に冷め、その日は寒いほど。
一夜明けてからは、満足感と虚脱感が交錯。

楽しい時はあっという間に過ぎていく。
余韻と共に、しばし、己の心を縛らねば・・・



続きを読む >>
演劇 / - / trackbacks(0) /
<< / 2/143PAGES / >>