PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
まだまだ目が離せない韓国ドラマ。
何、この寒さ! 日中、ずっと雪が降ってたし。 いい加減にしてくれないとな。

チャングムを観ていて面白かったこと。
先週20話(ようやく20話、それでも20話、先は長いぞ!)で、ハン尚官(サングン)(ヤン・ミギョン)が何者かに船で誘拐されてしまうところを船着き場で見ていたチャングムの育ての親、カン・ドック(イム・ヒョンシク)が慌てて家に帰り、奥さん(クム・ポラ)にどうしようと言うシーンで、『船が! 船が!!』 と言ったら、奥さんが 『どうしたんだよ、お腹こわしたのかい』 と返すんだけど、何気なく聞いてるとなんの疑問も持たないかもしれないけれど、変でしょ、この台詞。 
船のことを言ってるのに、お腹がどうの、と。 でも、変じゃないんだよね、原語だと。
ハングルで 『船』 のことを 『ペ』 と言い、『お腹(胃)』 のことも 『ペ』 と言うのです。
だから、カン・ドックが悲痛な表情で 『ペガ! ぺガ!!』 と言ったものだから、彼女は 『ペガ アッパ?』 と返したのです。 しかし、これはハングルのままなら面白い会話になるだろうけれど、日本語となるとそのまま訳すというのはどうなのか? 観ている人はそんな細かいところまで気にしてないだろうけどね。
私は気になったのだな。 で、手抜きな訳だが面白いと思ったのだな。
で、奥さんは 『こういうときはポドチョンに言わなきゃ!』 って言うんだよね。 
「ポドチョン(捕盗庁)」というのは今の警察のことで、BSでやってた韓国ドラマ 『チェオクの剣』 の舞台となる職業がポドチョンなので、なんか繋がってて面白〜い!っと思ってしまった。 時代背景が同じなのでね。
それにしても、ドラマはなかなか面白くなってきましたよ〜。
宮廷のチョンサガン(従事官)、ミン・ジョンホ(チ・ジニ)がチャングム(イ・ヨンエ)に好意を寄せる純朴な雰囲気がいいっ。 
いつだったか、古い筆をいつまでも使っているチャングムを見て、町へ行って新しい筆を買うんだけど、チャングムに渡すときに 『僕が使っていたものですが、よかったらどうぞ』 って、この〜。しらじらし〜! 買うてたやんか! サラか使い古しか見たらわかるやん、
とツッコミながらも、微笑ましかったぞ。
これから波瀾万丈の人生を送ることになるだろうチャングムだけど、ジョンホくんと共に
ゆっくり見守っていきたいものです。

輪舞曲(ロンド)を観ていて懐かしかったこと。
複雑になってきて、結構面白いじゃない。 チェ・ジウ演じるユナが実は日本人だった! 
「桜 愛」ってか。 山本祐一みたいだな。 誰やそれ。 まあ、いい。
橋爪功さん演じるソンが黒幕ですかい! お〜、そういうことだったのね。
ユナが韓国へ渡り、昔家族で経営していたお店の前に立ちつくしていたところに、近所のおばさんかな? が、ユナ!って近寄ってくるんだけど、そのおばさん、えっ! わ〜!
ユジンのオンマだ〜! 『冬のソナタ』 でチェ・ジウが演じたチョン・ユジンの母役だった女優さんだったの〜。 好きだった〜〜、このお母さん。 とっても優しくて温かい雰囲気だったんだもん。 ちょっと老けた? でも、このツーショット、懐かしい〜〜。
サンヒョクとの婚約を解消すると一方的に言い出したユジンに、「ユジン、あなた、何やってるの! 何やってるかわかってるの!」 っと泣きながら詰め寄るシーンを思い出すと今でも胸がキュンとなる。 お母さんを泣かせてはいけない。 悲しませてはいけない。 と思っていたけどね。 やはり私も母を悲しませちゃってるんだろうな・・・いろんな意味で。

韓流 / - / trackbacks(0) /
『チェオクの剣』の娯楽性とカッコ良さ
友人が録ってくれた 『チェオクの剣』(原題:茶母(タモ))の最終話までのDVDを受け取ったので、楽しみに観ていくぞ〜 うれちいな♪

17世紀の朝鮮王朝時代が舞台のスーパーアクション時代劇。
捕盗庁(ポドチョン=警察)の茶母(タモ=役所の下働きの女性)、チェオクはその聡明さとずば抜けた武術の腕が認められ、犯罪事件の捜査で活躍している。 上司で従事官(チョンサガン)のファンボ・ユンとは身分の違いはあるものの兄妹同然に育ち、互いに想いを秘めた間柄。 チェオクには幼い頃に生き別れた本当の兄がいるのだが・・・。

4話まで観ていたので、最終14話までの道のりは長い。 が、観始めると次が気になって止められず、一気に4話分、8話まで観てしまった。 さすがにしんどい。 頭がガンガンしてきた・・・ -.-; ベランダに出て体操しよっ。
でも、良いとこなんだよねー。
チェオクが偽金作りの盗賊一味に上手く潜入するものの、証拠がなかなか掴めない。 盗賊たちは、実は民のための新しい国作りを目指し革命を起こそうとしている一団でもあり、その頭領チャン・ソンベク。 実はソンベクこそがチェオクの実の兄なのだが、ここではまだ知る由もなく・・・。 偽金作りの黒幕が実は捕盗庁の中にいるかのように細工をされ、まんまと嵌められてしまうチェオクたち。 誤認逮捕の責任を取らされることになった上司のファンボ・ユン。 チョ・チオが指揮官となり討伐に出たが返り討ちにあって全滅してしまう。 ・・・ ここまで観たが、ファンボ・ユンは助かるのか? チェオクとソンベクはいつか兄妹と気づくのか? この先どうなるのか楽しみ〜。 ワクワクハラハラしつつも、泣ける泣ける。
 
ファンボ・ユン(イ・ソジン)はチェオクを愛おしく想っていて温かいし、ソンベク(キム・ミンジョン)も冷血なところがあるが、チェオクに心を許し始めていてとても優しい。 この二人、どちらもカッコ良い。
それとファンボ・ユンの部下のイ・ウォネ(クォン・オジュン)、何故かこの人、いつも草か小枝を噛んでるというか銜えてるのよね。 いつもチェオクのことを考え、彼女の失敗を上手くフォローしてくれる頼りになる人。 顔にキズがあって野性的で汗臭〜い感じのする人だけど、良いキャラなんだなー。
チェオク(ハ・ジオン)は可愛いから守られるのも無理ない?
役を離れて素顔の彼らを見ると ”えーーーっ?!” って思わなくもないけど、ね。 
やはり衣装やヒゲで随分変わるものですからね。
このドラマの面白いところは、やはりCG。 飛ぶ! 空を駆ける! 空で剣を交わす! 馬よりも早く走る! (ちょっと笑うけど) それと音楽がロックということ。 テンポがあってヒーローちっくでホントに娯楽と呼べるドラマだ。 余談だが、どこか劇団☆新感線に通ずるものを感じてしまうのは私だけだろうか。 とにかく韓国ドラマも変わったなあ、とつくづく感じる今日この頃です。


韓流 / - / trackbacks(0) /
韓国ドラマは台詞にハマる。
仕事で韓国の担当者と国際電話していたら、『輪舞曲(ロンド)を観てますか?』と聞かれたので、『なんで「輪舞曲」を知っているの?』とビックリした。 誰かから聞いたらしいけど、韓国で話題になっているのか。
『オモシロイデスカ?』 と日本語で聞かれたので、『ネー、チェミイッソヨ』(面白いですよ)と韓国語で返した(^^)

先週の回では、チェ・ジウ演じるユナが秋葉原へ行って、「キムチ冷蔵庫」を探しているのが面白かった。 そうそうないでしょう、日本には。 「キムチ冷蔵庫」 とは、その名の通り、キムチ専用の冷蔵庫。 においがキツイので他のものとは一緒に出来ないものね。

私は、ヨン様やビョン様にはハマらなかったが、韓国ドラマが結構好きだ。
つじつまの合わないところや強引なもっていきように「んな、あほな」と、突っ込みながらも楽しんでいる。 三角関係はザラで、男性が惚れた女性に執拗に迫るのも観ていてコワイくらいだが、聞くところによると、実際強引なところはドラマの中だけではないようだ。 それだけ感情表現がストレートな人種なんだと思う。 台詞、言葉の中にもそれを感じ取ることが出来る。 だからって西洋みたいに歯の浮くような、こそばくなるような、キザでクサイ台詞ではない。 なんていうか、どこかキレイな言葉が多いような気がする。

有名どころでは、やはり 『冬のソナタ』 のユジン(チェ・ジウ)とミニョン(ペ・ヨンジュン)の会話か。

ユジン:ユ ミニョン:ミ
ユ 「ポラリスって知ってます?」
ミ 「知ってますよ」
ユ 「昔、ジュンサンが教えてくれたんです。 
   山の中で道に迷ったら、ポラリスを探せばいいって。 
   季節が変わると他の星は位置が変わるけれど、ポラリスは
   絶対動かないんです。 いつも同じ所にあるから・・・」
ミ 「ユジンさん、道に迷っているような気がするんですか?」
ユ 「私は・・・今日・・・大切な人たちを傷つけてしまいました・・・」
ミ 「他の星がみんな動いてもポラリスはいつも同じ所にあるって
  言いましたよね? もし・・・他の人たちがユジンさんのことを
   許せないって、理解出来ないって、そう言って去ったとしても・・・
   僕がいつも同じ所にいてあげれば、道に迷うことはありませんよね?」

みたいな。 ここ泣くとこ。 クサイか?
まあ、これだけではなんの感動も味わえまいか。 残念だ。
ユジンの高校時代の初恋の男の子、ジュンサンが交通事故でこの世を去り、思い出だけを引きずって生きてきた彼女の前にジュンサンそっくりな男性、ミニョンが現われる。 実はジュンサンは亡くなってはいなくて、この記憶喪失になっていたミニョンこそがジュンサンだったという強引な話。 簡単なストーリーだけど複雑にしてあり、色んな葛藤があったシーンだったが故に良い言葉に聞こえるのな。 とにかく美しい言葉、言い回しが多いと感じるわけな。
この時のチェ・ジウはショートヘアが良く似合っていて可愛いかった。 メソメソ泣いてばっかしするけど、演じるユジンは芯の通った強い女性だったのでまだ良かった。 
それ以外のジウ姫が演じてきた女性は気弱で見ていてイライラするような役が多い。 
が、この 「輪舞曲」 のユナは暗〜いけど、結構気が強そうなのでまあ許そか。 
全体的になんかちょっと作り過ぎてるような気もするが、これからの展開を見よう。


韓流 / - / trackbacks(0) /
『大長今』で果てしない旅に出る。
最近のお気に入りの音楽は済州島で買ってきた『DAE JANG KEUM』。
NHKで放送されている『チャングムの誓い』のサントラね。

大長今サントラ/OST
実にシンプルなデザインで、タイトルはハングルのみ。
『大長今』という文字もなければ、イ・ヨンエの顔もない。
ぱっと見だとチャングムのCDだとは気づかないくらいのシンプルさ。

TVはまだ54話中の13話くらいなので、これらの曲全てがBGMとして
かかっているのかどうかさえわからないくらいの新鮮さと同時に、何故か
懐かしいような音色の数々。 古楽器が使われているからか日本にも通ずる
音色を奏でるからなのかもしれない。 
どこまでも続く広い高原や、はたまた時空を旅しているかのような広大さを
物凄く感じてしまう不思議で心地良い音色。
これらの曲が本当にあのドラマでかかっているの?と思うくらい良い。 
「ハマンヨン」という曲ではAlessandro Safina氏の美しくも潤いを持った
テナーのハングルバージョンと英語バージョンがあるのだけれど、どちらも
とても優しくて泣きそうになる。 
声の感じが少しホセ・カレーラスを思い出させる・・・。

有名なところでは『オナラ』(来てくださいの意)という曲がある。
今では韓国でも使われない古語を使って歌われた曲。
曲の明るい感じからは想像出来ない切ない意味を持つ詩。

来てください 来てくださいと言えば 
本当に来てくださるのでしょうか

行ってください 行ってくださいと言えば 
本当に行ってしまわれるのでしょうか

果てしなく待てど ふれることもできず
いいえ いいえ だめなのですね
愛しい人よ 来ることができぬのならば 
私を連れて行ってください


TVも(地上波では)まだ始まったばかり。 これからチャングム(イ・ヨンエ)は
スラッカン(水刺間)のチェゴサングン(最高尚宮)を目指して奮闘し、その後は
いろいろあって医女の道へ進むらしいけど、王直属の従事官ジョンホ(チ・ジニ)
との関係も見えてくるんだろうね。 楽しみだワン。


サントラCDの中開きにさりげなく書かれたハングルの文を見つける。 
横のデザインはハートに見えないこともない。

クドゥリ サランイ ヨクサガ ティンダ
   彼らの愛は歴史となる・・・

韓流 / - / trackbacks(0) /
チャンバラ好きなんかなあ。
友人が私のために録画してくれた『チェオクの剣』(原題:茶母(タモ))の
1、2話を観た。
こ、これは良いっ! かなり良いっ! 好きっ! チャングムより好きかも。

  韓国では2003年に放送されたドラマ。
  17世紀末の朝鮮王朝時代を舞台にしたスーパーアクション時代劇。
  チャポドチョン(左捕盗庁=当時の警察)の茶母(タモ=役所の
  下働きの女性)チェオクはその聡明さとずば抜けた武術の腕が
  認められ、犯罪事件の捜査で活躍している。
  上司でチョンサガン(従事官)のファンボ・ユンとは身分の
  違いがあるものの兄妹同然に育ち、互いに思いを秘めた間柄。
  そしてチェオクには幼いころに生き別れた本当の兄がいた……。

CGやワイヤーアクションが見どころなのだろうか、空を舞い、飛んだり
駆けたり、とにかくカッコ良くて衣装も美しい。 音楽もロックだし。
チェオク役のハ・ジウォン嬢が可愛いく、見せる武術のカッコ良いこと!
ハ・ジウォンと言えば『秘密』では意地悪な役だったけれど、あの時とは
雰囲気が全然違って面白い。 
ファンボ・ユン役のイ・ソジン氏(うがい薬みたいな名前だにゃ〜)も、
キリリッとしていて、むむむ・・・ なかなか良い男ですぞ〜。
これからも目が離せませ〜ん!!

そんで、無性にチャンバラ気分でいたいために、どういうわけだかさっきから
「阿修羅城の瞳」のCDを聴いている私って・・・ アクション時代劇?が、
やはり好きだということなんだろうか・・・。

韓流 / - / trackbacks(0) /
今韓国でNO.1の映画
友人が観たと言う最新オススメ韓国映画『君は僕の運命』。
(監督:パク・ジンピョ 出演:チョン・ドヨン、ファン・ジョンミン)
事実を元に作られた作品だとかで、純粋な田舎の中年男性と喫茶店の
ウェイトレスの平凡な愛の物語だけれど、エイズという問題を通し
「本当の愛とは何か」を問う映画。

”家族も友人も世の中も、皆彼女をもう捜すなといいます。
でも私は彼女がいなければ一時も生きられません。
死ぬ時まで、いや、死んでも彼女を守らなければなりません。
なぜなら……
彼女は僕の運命だからです。”

友人がボロボロ泣いて感動したというこの映画、ちょっと観てみたい。

韓流 / - / trackbacks(0) /
誰が名付けたの?
ペ・ヨンジュン氏が昨日の『徹子の部屋』に出演されていた。
(先週日曜日にも特集番組をやっていた)
「微笑みの貴公子」って誰が名付けたのか知らないけど、ホントにその言葉が
ピッタリだな、とつくづく思いながら見てしまった。
作り笑顔なんじゃないのー?なんて、ひねくれて見ていた自分を恥じる。
きっと照れ屋さんなんだよね。 だから自然と笑っちゃう、みたいな。
子供の頃はホントに無口で恥ずかしがり屋さんだったと言っていたし。
なんか、どこかふんわりとした、ポカポカするような、物腰も柔らかいし、
中性的な雰囲気があるね。 静かに喋るし。 それと彼にメガネは必須だね。
こういうのを癒されるというのだろうか? 優しい気持ちになれるから不思議。
仕事の前は辛いものは控えるんだそう、汗が出るから、って。
なるほど、確かに、そうだー。 とにかく汗が噴き出る料理が多いよね。
それに匂いにも敏感だろうし、ね。
以前韓国料理を食べに行ったときに、トッポギを食べたら、とびきり辛くて、
私の「これ、めちゃくちゃ辛いね〜!」の一言で皆の顔から一斉に汗が
噴出したことがあって辛いわ、可笑しいわで、ヒーヒー言いながら大笑い
したことを思い出す。
食事にも気をつけないといけないんだから、韓国の俳優さんって大変だね。
韓国語の勉強に、と思ったけれど、やはり言葉を聞き取れない・・・。
アイグ〜・・・タプタプハダ〜!
韓流 / - / trackbacks(0) /
<< / 2/3PAGES / >>