PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
愛・舞・台 - AI BU TAI
結婚式場、ザ・グランドティアラ名古屋駅前での
愛之助さんプロデュースのブライダル衣装展が
開催されたとのことです
なんだか、色々忙しいですねえ。

歌舞伎役者ということで、やはり和装です。 → コチラ
キラキラと華やかな雰囲気です

名古屋の方のウェディングは豪華ですからね〜。
どんな方がお召しになるんでしょうか


そういえば、今日は海老蔵さんの結婚披露宴ですね。
とあるところでチラッと愛之助さんらの姿を確認出来たので、
明日の中継を見てしまおうかしらん
主役もさることながら、参列者に興味津々



ご贔屓役者(愛之助) / - / trackbacks(0) /
サイトリニューアル?
あらら、愛之助さんの公式サイトが
リニューアルされてます。 → コチラ 

ずーっと滞っていたので気になっていましたが、
なんというか、いや〜、シンプルですね。
いやいや、スケジュール予定や、情報が更新されるなら
何も言いますまい。
いや、やっぱりひと言、ブログとは言いませんが、
デイリースポーツのように、以前サイトにも載っていた
月一日記、いや、それも面倒というのなら、
twitterのように、ひと言日記でもいい。 
なんか、書いて欲しいなあ。


私も、リニューアルしようかなあ。
なんつって。



ご贔屓役者(愛之助) / - / trackbacks(0) /
探しもので見つけたもの。
探しものがあって、あちこち探し回ったけど
見つけられず・・・。
確か、どこかにあったはずなのに・・・。

もう!どんだけ整理能力がないんやろ!

自分に腹立ってきたところに
意外なもの発見!!

こっ、これは・・・!!

しぇ〜〜〜〜っ!!

番付を買わず、勿体ないことをしたと悔いていた、
してして、観たのに殆ど覚えていないという、
まさかまさかの『三国一夜物語』のフライヤー。

三国一夜物語 .jpg
(愛、染、亀ちゃんです)

染五郎さんが、暑い熱い8月に演舞場で
『アテルイ』(劇団☆新感線)を演じた後の、
2002年9月の松竹座でした。 

また、いつかどこかでやってくれるといいのに



で、探しものはやはり見つかりません・・・




ご贔屓役者(愛之助) / - / trackbacks(0) /
一瞬一瞬を…、前田慶次と愛之助さん。
意味なく、タイトル、内容若干いじりました。

先日記事にしたフリーペーパーの『+LUMINO(プラスルミノ)』8月号を
無事ゲットしました!



心斎橋のクリスタ長堀の月見の広場にありました!
(長堀橋の地下街、心斎橋駅から堺筋方面に向かって)

他にも設置されているかもしれませんが、
現時点ではわかりません。ごめんなさい。

まるっきりは紹介出来ないのでちょこっとだけで失礼します。

表紙はピンクでベッキーちゃんです!とってもキュートです。
彼女もやはりプラス思考。
素直に受け止める気持ちが大事なんですよね。
それが簡単に出来ないのでまた悩むわけです、はい(反省)


で、愛之助さんの記事は見開き?と期待しましたが、
半ページだったものの、キリリとした表情が素敵です。

性格的には意外と前田慶次に共感するところがあるとのことで
かなり愛之助さんにとっても興味深い人物なんでしょう。

一瞬一瞬を悔いなく精いっぱい生きることが
明日に繋がり、今の自分がある。と。

共感です。
確かに結果は後からついて来ると思うし、
たとえそれがもし自分の満足のいくものでなかったとしても、
そこまでの道のりが大事。
それらは絶対に無駄ではなく、
それどころか大切な時間であり、
経験したことは、自分にとっては
必ずプラスになっていると思うから。


言わずもがな愛之助さんは歌舞伎役者です。

けど一人でも多くに知ってもらうにはメディアも必要。

愛之助さんは揺らがない。
彼の意志の強さは、…頑固ともいう?(笑)
前から何となく感じます。
それこそ共感することも多々あり。

悔いなく生きる。
やらずに後悔するなら、とにかくやって後悔しよう。
あることを成し遂げるためにそう思うようになって
もう随分経ちますが、それでも、やっぱり
後悔は尽きませんけれどね。


とにかく、とどのつまり、彼は一生歌舞伎役者。

そうあり続ける限り応援していくぞ〜!



続きを読む >>
ご贔屓役者(愛之助) / - / trackbacks(0) /
愛之助さん、「前田慶次」を語る?

+LUMINO(プラスルミノ)という
大阪市のフリーペーパーの8月号に
愛之助さんのインタビュー記事が掲載されるようです。

普段、梅田、本町、心斎橋、天王寺などのショップなどに設置、
もしくはコンビニのampmでも設置されているようです。

インタビューのレポはこちら → プラスルミノEDITOR'S BLOG


これまで気付かなかったなあ、見かけたことあったかしら。
8月早々に出る模様。 ひょっとして表紙も?!
ご近所の方は要チェックです〜。
ゲット出来るかなあ。 忘れないようにしなきゃ!です!




ご贔屓役者(愛之助) / - / trackbacks(0) /
お帰り〜、愛ちゃん。
今日は寝不足だあ〜。
完璧にわかですが、観てしまいました。
日本vsパラグアイ戦。
まさかPK戦まで行くとは!
負けたものの素晴らしい試合でした。
無念だったでしょう駒野選手が、
どうも橋本じゅんさんに見えてしょうがない私でした。
それだけでも気になるのに、あの寂しそうな後姿・・・
母性をくすぐられてしまうじゃないですかぁ。

ワールドカップで、すっかり薄れてしまった、
6月29日は、『七月大歌舞伎@松竹座』に向けて
毎年恒例の『船乗り込み』!
このところ皆勤だったけれど、今回は断念。
けど、梅雨の合間、晴れて良かったですね。
その様子が『「いっとこミナミ」公式ブログ/ラブ大阪』に → コチラ

亀治郎さん、七之助くん、愛之助さんのコメントリレーが
ずっと続いている「MAQUIA」の8月号は愛之助さん。
鱶七だったでしょうか、あのお姿は。
ふむふむ、そうか〜、なるほど〜。
はい、ありがとう。 っと、立ち読みで終了。(こらこら)

ちょっと萎えてしまった映画、 『宮城野』のDVD化も
決まったようで、けれど、ショートバージョンなんですね。
10月29日発売なので、ちょっと考えよ〜。(おいおい)
せっかくなら、ロングバージョン、ディレクターズカット版も
DVD化して欲しいところですが、プロデューサーさんから
ディレクターズカット版も上映される予定とのお言葉を
いただいたので、関西でも上映が実現されるよう、
楽しみに待っていましょう

『LOVE LETTERS』で言葉の大切さを痛感し、
その余韻から抜けきらない状態ですが、
早くも、もうすぐ、松竹座での七月大歌舞伎。
愛之助さんにとって、今年初めての関西ってどうよ。
やっとこさ、帰ってきたのですね。 おかえり〜。
早々に観に行きますよ〜

あ、初日3日には、デイリースポーツ連載の
「気まぐれ日記」は出るでしょうか?





ご贔屓役者(愛之助) / - / trackbacks(0) /
愛ちゃんのお弟子さんは、愛ちゃん?!

夏を感じさせる陽気の6月に
おめでたいニュース!
紫陽花.jpg

「片岡愛一郎」

横山光一くん。
以前、竹三郎さんのところにいた坂東竹雪くんでした。
一昨年くらいから本名で活動されていたのだけれど、
ここ最近は愛之助さんの舞台に出演されることが多く、
ついに、愛之助さんのお弟子さんになられたようです。
「鳴神」のパンフにあったと、観た友人が教えてくれた。
しかし、何故このタイミング? まあ、いいけど。

何年か前、若手公演の「上方歌舞伎会」の懇親会に
お邪魔させてもらったときに、「竹登会」という竹三郎さんの
門下生でされる公演にも力が入っていた、とってもキュートな
ユキちゃんでした。 ちゃんと観に行かせてもらいましたよ。
当時は女方をされていたけど、お弟子さんになるのに、
そういうのは関係ないものなのかな。
やっぱり歌舞伎が好きだってことに変わりはなかったって
ことなんでしょうね。 でも、「愛」の字をもらえていいなあ〜。
愛一郎くん、おめでとう〜。 心機一転、頑張ってください!
愛之助さんもしばらくお弟子さんが居なかったので、
大変でしょうけど心強いでしょうね。 
応援していきましょうねえ!
来月の番付にも載らないかなあ。 載せて欲しいなあ。


そのことがデイリースポーツに「気まぐれ日記」というコラムを
月一で書かれている愛之助さんの今月の日記にも書かれていた。 
「弟子の「愛一郎」をよろしくお願いします」と。
何故、そんなにさりげなく? まあ、いいけど。
この月一日記、以前はいつ載るかわからなかった
ホントに「気まぐれ」日記だったようだが、このところ、
月初めの第一土曜に載ることが定着しつつあるので、
気になる方は要チェックです!





ご贔屓役者(愛之助) / - / trackbacks(0) /
<< / 2/17PAGES / >>