PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK     (TBは認証待ちにしています)
RECOMMEND
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
星野 道夫
文春文庫
☆故動物写真家の著者の自然体で、
ピュアな人柄から、命の尊さ、
自然の大切さを感じさせられる
温かい言葉の数々。それはまるで
手にした者に宛てた手紙のように☆
RECOMMEND
RECOMMEND
Beauty うつくしいもの [DVD]
Beauty うつくしいもの [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆久しぶりに「新口村」のシーンを
観たいな…。そしていつかこのお二人の
舞台での「新口村」も…☆
RECOMMEND
RECOMMEND
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1) (JUGEMレビュー »)
関口 尚
☆言わずと知れた、大王後藤ひろひと
作・演出の舞台を映画化された本。
笑って泣ける切なく素敵なお話☆
RECOMMEND
築城せよ! [DVD]
築城せよ! [DVD] (JUGEMレビュー »)

☆武将に身体を乗っ取られた
フラぼんは? 武将の野望とは?!
片岡愛之助主演のコメディータッチな
タイムスリップ劇。
ダンボールの城は圧巻です!
RECOMMEND
愛之助
愛之助 (JUGEMレビュー »)
片岡愛之助
☆歌舞伎役者、片岡愛之助の
初写真集!☆
RECOMMEND
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書)
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
松島 まり乃
☆愛之助さんにハマった随分前に
読んだが、まさか絶版になったのか?
高値がついててびっくり。けど、彼の
生い立ちから愛之助になるまでが
書かれてあるので貴重と言えば貴重。☆
RECOMMEND
父と暮せば (新潮文庫)
父と暮せば (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 ひさし
☆舞台も映画も観てないけれど、
あることがきっかけで読んだ。
広島で被爆した父娘の物語だが、
娘の心の葛藤が描かれた戯曲。
重いテーマながら父と娘の会話が軽妙で
温かい気持ちにさせられる☆
RECOMMEND
古典芸能 (あたらしい教科書 13)
古典芸能 (あたらしい教科書 13) (JUGEMレビュー »)

☆歌舞伎、狂言、能、文楽、落語を
生業としている方たちの対談を通して
古典芸能を知る初心者向けの本☆
ARCHIVES
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
『花の武将 前田慶次』 千穐楽。
22日未明から23日の朝にかけての雷雨も止み、
無事に千穐楽を迎えた『花の武将 前田慶次』。

舞台と共に暑さ(熱さ)も、一気に冷め、その日は寒いほど。
一夜明けてからは、満足感と虚脱感が交錯。

楽しい時はあっという間に過ぎていく。
余韻と共に、しばし、己の心を縛らねば・・・



続きを読む >>
演劇 / - / trackbacks(0) /
やっぱり愛 『花の武将 前田慶次』。
なんだか滞ってばかりなので、
『前田慶次』が続いてしまいますが、
一応、5日ぶりでして。

18日昼観劇。
100919_004255.jpg



続きを読む >>
演劇 / - / trackbacks(0) /
『花の武将 前田慶次』 傾奇御免!
『花の武将 前田慶次』
脚本:横内謙介
演出:河毛俊作/岡村俊一

約1週間ぶりに友人を誘って観劇。
なんというか、舞台から感じる雰囲気が
5日に観たときと明らかに違ってる。
100905_223825.jpg



(ぼちぼちネタばれありね。) 
続きを読む >>
演劇 / - / trackbacks(0) /
季節外れの温かいお話『スリー・ベルズ』。

『スリー・ベルズ』。 
作・演出:後藤ひろひと

ロビーに季節外れのクリスマスツリーがキラキラと!
わあ〜・・・

スリーベルズ .jpg

なんて暑苦しいんだっ!(苦笑)

しかも福引きやらグッズ販売で人でごった返している。
その中に現れし二人の何?ホームレス?大きいハーポくんと
ちっちゃいハーポちゃんのハーポスコンビ。
声は一切発しない。ジェスチャーとラッパで会話(笑)


続きを読む >>
演劇 / - / trackbacks(0) /
好きな言葉は・・・
キラーン! 

って、なんのこっちゃねん(笑) 
既にわかる方にはわかる。 

期間限定慶次殿のtwitter (公式サイトから確認可能)で
告知されていた、「NEWSゆう+」(朝日放送)。
残念ながらラジオ出演は聞けないのでせめてテレビで!

「ゆうカルチャー」というコーナーに愛之助さんが出演。

あんなシーン、こんなシーンが映し出されて、
おおっと!
そんで、愛之助さんも、あんなこと、こんなこと
言っちゃってるので、ある意味、ネタバレバレ(苦笑)

まあ、こんなことがあるの?!そんなことをするの?!っと
逆に興味を惹いて、劇場へ来てもらうって宣伝目的だからね。
観た私も、やっぱりまた観たい!って思いましたしー
けど、舞台のことは、あえてここでは触れずにおきましょう。

賀来千香子さんの話題が微笑ましかったので。
愛之助さんは、賀来さんのことを、「おきゃん」と。
と、言いながら、「死語?死語?」と笑っていた。
ホントに可愛らしい人だと言っておられた。
夜中にテレビで「男女七人夏物語」をやっていたらしく、
あ、賀来さん!と思って3時まで観てしまったそうで、
次の日、早速そのことを賀来さんに告げると、
「やーだー それって、それって、20ん年前でしょう〜」って、
恥ずかしがっておられたそう。

「『なんで私が愛之助さんより年上なの!』

って、怒られたんですけど、そんなこと
僕に怒られても、わかりませんよね〜(笑)」

乙女心がわかってないなあ〜、もう。
罪な男です、愛之助さんは(苦笑)

そうおっしゃったと言う賀来さんに笑っちゃったけれど、
そのお気持ち、わたくし、よ〜くわかります〜


早いもので、初日からもう1週間ですね。
私もあと数回、参りますよ〜。
どんなんかなぁ?と興味をもち始めた方は是非是非!
カテゴリーをご覧いただけるとわかると思いますが、
「演劇」です。


続きはキーワード。
(見る?)
続きを読む >>
演劇 / - / trackbacks(0) /
『花の武将 前田慶次』@松竹座
9月というのにどんだけ暑いんでしょうか。
ヘタってしまいます。
ここでパワーをもらおうぞ。

とうとう『一夢庵風流記』、読み終える前に
3日に初日を迎えた『花の武将 前田慶次』

しゃーない、このまま観ちゃおうってなわけで
私の初日は今日、5日昼の部

前田慶次 ~00.jpg

入り口付近でムンパリさんとバッタリ!
風邪を引かれたらしくかなりつらそうでした。
大丈夫かな、お大事にね・・・。

まだ始まったばかりなので、ぼちぼちと。
ネタバレなしのつもりで・・・

続きを読む >>
演劇 / - / trackbacks(0) /
いざ、さらば 〜 劇団M.O.P.最終公演『八月のうた』

ついにこの日が来てしまいました。
8月29日、劇団M.O.P.最終公演、大千秋楽は、
劇団が生まれた京都で。

鴨川 .jpg
(出町柳にて、鴨川を望む)

大阪公演から、一ヶ月以上が経っていました。
なんか、書きたいことはいっぱいあるのに、
何からどう書いていいかわかりません。

すがすがしい気持ちと、寂しい気持ちが入り混じって
心は温かいのに、妙に虚脱感・・・。
けど、やはり、出会い、縁、人との繋がり。
そんなことを強く感じた舞台でした。
また、しばらくして落ち着いたら書こうと思います。

先日、記事にしました、「そら子。
テレビで観た、慰問団の「わらわし隊」のことを、
マキノさんに聞こうと思っていたけれど、ロビーには
いらっしゃらなかったので、残念ながら聞けずでした。
でも、ドリさんのブログに、宮下そら子のモデルは
ミスワカナさんだと書かれてありました。
やっぱりそうだったんですね。

「最後にみんなで、『わかれのうた』、歌おうか」。

最後の最後に、皆で劇中歌の「わかれのうた」を
大合唱したことが忘れられない思い出になりました。
なんか繋がってる〜ってそんな気持ちになりました。
とても優しいメロディーで、ずっと耳から離れません。
そういいながら、歌ったハズなのに、もう歌詞が
怪しくて自分が情けない。

覚えてる方がいらしたら、
もし違っていたら教えてください。

いつか、わかれの日がくると
胸にきざみて 過ごしきぬ
ふるさとの山よ せせらぎよ
今 月日はみち
いざ、さらば



 

演劇 / - / trackbacks(0) /
<< / 3/143PAGES / >>